YouTubeの動画をHTML5に埋め込む方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにYouTubeの動画をHTML5に埋め込む方法について解説しています。videoタグを使った動画埋め込みの基本とiframeタグを使ったYouTubeの動画の埋め込み方法を説明します。共有リンクの取得手順と書き方を覚えましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

YouTubeの動画をHTML5に埋め込む方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

そもそもHTMLの記述方法がわからない場合は、 HTMLの書き方について解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプWebデザイン講座のHTMLカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は、HTMLに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

YouTubeの動画をHTML5に埋め込む方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

動画をHTML5に埋め込む方法

HTMLに対して、videoタグを使用することで動画を簡単に埋め込むことが可能です。

この場合、プラグインを使わずに動画再生ができます。

src属性により動画ファイルのアドレス・保存先を指定する、videoタグ内にwidthとheightでコンテンツの幅と高さを指定できます。

また、再生方法も適宜変更することが可能です。

 

conrtols属性を使い、ビデオの再生や停止のボタンなどのユーザーインターフェースを表示できるでしょう。

自動で再生したい場合にはautoplay属性を使用し、再生終了後にスタートに戻り、再生を再度行なう場合にはloop属性を使用できます。

 

YouTubeの動画をHTML5に埋め込む方法

iframeタグを使用することで、HTMLにyoutubeの動画を埋め込むことが可能です。

youtubeのホーム画面から適宜埋め込むyoutube動画を選択し、「共有」を選択、「埋め込む」を選択、表示されたiframeタグで書かれたコードをコピーします。

コピーしたコードをbody内に直接貼り付けることで、youtube動画を表示できます。

 

[PR] HTML/CSSで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

imageフォルダの中にあるmp4形式の動画を埋め込む場合は、下記のように記述します。

<body>

    <video src="image/video.mp4" controls="controls"></video>

</body>

youtube動画を埋め込む場合

<body>

    (youtubeからコピーしたifarmeタグのコードをそのまま記述する。例 <iframe ◯◯></iframe>)

</body>

 

執筆してくれたメンター

木村勇土

TechAcademyの現役メンター。

現在は行政書士事務所を運営しており、お客様にはプログラマーやフリーランサーも多い。

WordPressを中心とした自社のWebサイトの修正などを行なっている。

 

大石ゆかり

YouTubeの動画をHTML5に埋め込む方法がよく分かったので、良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、今後も分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも、最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、参加してみてください。