Unityでスクリプトを編集する方法【初心者向け】現役エンジニアが解説

Unityでスクリプト(Script)を編集する方法を初心者向けに解説した記事です。Unityでは、JavaScriptやC#などのスクリプトを使って、オブジェクトを操作することができます。記事を読みながら試してみましょう!

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

監修してくれたメンター

関谷 純

専門学校卒業後、ゲーム開発会社で4年ほどゲームプログラマーとして働き、UI周り・ネットワーク通信・アクション部分などの開発に携わる。現在はゲーム開発方法を教えながら、個人でゲーム開発・販売を行う。

Unityでスクリプトを編集する方法をテックアカデミーのメンター(現役エンジニア)が初心者向けに解説します。

Unityではゲーム開発をするにあたり、スクリプトを記述してゲームを制御します。

そこで今回は、初心者向けにUnityでスクリプトを編集する方法について、テックアカデミーのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

UnityのスクリプトはC#で記述します。

C#のことがわからなくてもできる内容ですので、ぜひ挑戦してみてください。

目次

そもそもUnityについてよく分からないという方は、Unityとは何なのかについて解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

田島悠介

今回はオブジェクトにスクリプトを追加する方法を解説するよ。必ず必要になる手順なのでしっかり覚えておこう。

大石ゆかり

田島メンター!!スクリプトはどこから作成するんですか~?

田島悠介

スクリプトの作成は「Project」ウィンドウの「Assets」から行うよ。実際の手順を見てみよう。

大石ゆかり

はい。やってみます!

 

スクリプト(Script)の新規作成

まずはスクリプト(Script)を新規作成する手順をご紹介します。

ScriptはUnityのオブジェクトを操作するために記述します。

今回は例として、下図に示したCubeを変形したものをキーボードで回転させるスクリプトを記述します。

 

Assetsフォルダを右クリックします。

Create → Script を選択します。

 

すると、Assetsの中にNewBehaviourScriptというC#のScriptファイルが生成されます。

 

このファイルをダブルクリックして開きます。

するとVisualStudioというアプリケーションが起動して、NewBehaviourScriptが編集できるようになります。

 

スクリプトには、最初から下記のプログラムが記述されています。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class NewBehaviourScript : MonoBehaviour
{
// Start is called before the first frame update
void Start()
{

}

// Update is called once per frame
void Update()
{

}
}

 

ここに記述されている Start() と Update() は、関数と呼ばれる仕組みです。

スクリプトに処理を追加する際は、これら関数の中にプログラムを記述します。

 

今回はUpdate関数の中に下記プログラムを記述をします。

void Update()
{
float angle_z = Input.GetAxis(“Horizontal”) * -30.0f * Time.deltaTime;
transform.rotation *= Quaternion.AngleAxis(angle_z, new Vector3(0.0f, 0.0f, 1.0f));
}

今回はスクリプトを編集する方法がメインの内容ですので、プログラムコードの説明は行いません。

 

プログラムを記述したら、必ず保存します。

下画像のアイコンをクリックするか、Ctrl + S で保存です。

 

保存後、Unityに戻ります。

NewBehaviourScriptを、HierarchyビューのCubeにドラッグ&ドロップします。

 

HierarchyビューでCubeを選択すると、InspectorビューでNewBehaviourScriptが追加されているのが確認できます。

 

スクリプトの処理を確認するには、下画像の再生ボタンを押して「実行」します。

実行すると、左右のカーソルキーでCubeが横に回転するのが確認できます。

以上がスクリプト(Script)を作成して、プログラムを追加し、Unity上で動作確認する流れです。

 

田島悠介

スクリプトは該当オブジェクトのInspectorタブに直接ドラッグすることでも追加できるよ。

大石ゆかり

Createから作成して、オブジェクトにそれを入れるというのが基本の手順なんですね。

田島悠介

そうだね。また、コードは後からいつでも編集できるんだ。実際にやってみよう。

 

スクリプト(Script)の編集

新規作成ではなく、後から編集する方法もご紹介します。

先ほどの回転処理に、上下キーの挙動を追記します。

 

再びNewBehaviourScript.csをダブルクリックしてVisualStudioを起動してください。

Update関数の先ほどの処理すぐ下に、下記のプログラムコードを追加します。

float angle_x = Input.GetAxis(“Vertical”) * 30.0f * Time.deltaTime;
transform.rotation *= Quaternion.AngleAxis(angle_x, new Vector3(1.0f, 0.0f, 0.0f));

編集も同じ手順なので難しくないですね。

 

先ほどと同じようにUnityに戻って実行すると、上下キーでCubeが回転します。

スクリプトの編集方法の紹介は以上です。

 

田島悠介

もしスクリプト内にエラーが出た場合、出力に表示されたエラーをダブルクリックしてみよう。

大石ゆかり

スクリプトの特定の行に飛ばされました。

田島悠介

その場合、そこに間違いがあるということだね。エラーの原因を探す場合に役立つので覚えておこう。

大石ゆかり

なるほど、活用してみます。ありがとうございました!

 

[PR] Unityを使ったゲーム開発で挫折しない学習方法を動画で公開中

Unityを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • つまずかず「効率的に」学びたい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

Unityを学習していて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーでは、第一線で活躍する「プロのエンジニア」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたエンジニアの手厚いサポートを受けながら、はじめてでもUnityでオリジナルゲームの制作ができるようになります。

まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役エンジニアから教わること」を実感してみてください。

時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!