PHPでarray_key_existsを使う方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPHPでarray_key_existsを使う方法について現役エンジニアが解説しています。PHPのarray_key_exists()関数は、配列の中に引数で渡したキーが存在するか確認する関数です。条件分岐を行うこともできます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

今回は、PHPでarray_key_existsを使う方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

PHPについてそもそもよく分からないという方は、PHPとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPでarray_key_existsを使う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

array_key_existsとは

PHPのarray_key_exists()関数は、配列の中に引数で渡したキーが存在するか確認できる関数です。

array_key_exists()の基本構文は以下のように記述しましょう。

array_key_exists(キー , 配列)

第一引数には検索したいキー名を指定します。第二引数に検索対象の配列を指定します。

 

array_key_existsを使う方法

array_key_exists()関数の使い方を確認しましょう。

<?php
$fruits = ['apple' => 'りんご', 'orange' => 'みかん', 'lemon' => 'れもん'];
 
// 配列のキーを検索する
$result = array_key_exists('orange', $fruits);
 
echo $result;

 

出力結果

true

array_key_exists()関数の第一引数に’orange’という文字列を渡し、第二引数に渡した配列$fruitsの中から、’orange’というキーが存在するか検索している状態です。

配列$fruitsの中には、’orange’というキーが存在するため、結果はbool値のtrueが返却されます。

 

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

それでは、array_key_exists()関数が実際どのように使われるかを例で見ていきましょう。

<?php
$fruits = ['apple' => 'りんご', 'orange' => 'みかん', 'lemon' => 'れもん'];
 
// 配列のキーが見つかったらif文の中の処理を行う
if(array_key_exists('orange', $fruits)) {
    echo '配列$fruitsの中に orange というキーは存在します';
} else {
    echo '配列$fruitsの中に orange というキーは存在しません';
}

 

出力結果

配列$fruitsの中にorangeというキーは存在します。

上記のコードは、array_key_exists()関数をif文の式に入れて利用する例です。

array_key_exists()関数を利用して、配列の中にキー名が存在する場合は、if文の中の処理を実行し、存在しなければelseの中の処理を実行するというような利用方法があります。

 

執筆してくれたメンター

平野大輝(ひらのだいき)

スキル:PHP・Java・JavaScriptを用いて様々なアプリを開発するWebエンジニア。

 

大石ゆかり

PHPでarray_key_existsを使う方法がよく分かったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーション開発を習得できるオンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、参加してみてください。