Androidアプリ開発でadbコマンドを使ってシェルを起動する方法【初心者向け】

Androidアプリ開発で【adb(Android Debug Bridge)コマンドラインからエミュレータのシェルを起動する方法】を初心者向けに解説した記事です。PCからスマートフォンやエミュレータを操作できるようになります。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

adbとは、Android Debug Bridgeを省略したものです。

これを利用するとパソコンからスマートフォンやエミュレータを操作することができるようになります。

今回は、コマンドラインからエミュレータのシェルを起動する使い方をご紹介します。

 

本記事はTechAcademyのAndroidアプリ開発オンラインブートキャンプの内容をもとに解説しています。

 

20160620

 

田島メンター!!コマンドプロンプトからAndroidのシェルを操作したいんですけど、どうしたらいいんですか・・・?

20163020-2

 

adbを使うとできるよ。いくつか設定が必要だから、実際にやってみようか。

 

20160620

 

はい、お願いします♪

 

 

目次

adbコマンドを使ってシェルを起動するには、以下のような手順で進めていきます。

それでは順番に説明していきます。

 

 

事前準備(Pathの編集)

adbを使用するには、Android SDKのPATHをパソコンに設定しておく必要があります。Android SDKのPATHが設定されていない場合、次の手順でPathの編集をしてください。

 

まずは、システムのプロパティの[環境変数]をクリックします。

006

 

システム環境変数の中から「Path」を選択し、[編集]ボタンをクリックします。

007

 

変数値の一番最後に「;」で区切りながら、android SDKの「tool」ディレクトリと「platform-tools」ディレクトリのパスを追加し、[OK]ボタンをクリックしてください。

008

これで事前準備は完了です。

 

 

[PR] Androidアプリの開発で挫折しない学習方法を動画で公開中

エミュレータを起動する

AVDマネージャーで、エミュレータを選択し、[start]ボタンをクリックしてエミュレータを起動します。

001

エミュレータが完全に起動するまで待ちます。

 

 

デバイスのシリアルナンバーを確認する

コマンドプロンプトを起動し、「adb devices」を実行し、シリアルナンバーを確認します。

002

 

下の画像のように、adbコマンドが実行できない場合は、事前準備を参考にPathの編集ができているか確認をしてください。

005

 

 

シェルを起動する

「add –s [デバイスのシリアルナンバー] shell」を実行します。

「#」が表示されればシェルが利用できる状態です。

003

 

 

シェルを終了する

「exit」を実行するとシェルが終了します。

004

 

今回の記事は以上です。

Androidアプリ開発をさらに学びたい場合は、Androidアプリ開発でAntを使ってプロジェクトをビルドする方法を合わせてご覧ください。

 

20160620

 

adbを使うと簡単に操作できるんですね♪

 

20163020-2

 

そうだね。パソコンから操作を確認したい時によく使うから、覚えておいて損はないよ!

 

20160620

 

はい、わかりました♪

 

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも最短4週間でオリジナルアプリが作れるAndroidアプリ開発講座(オンラインブートキャンプ)を開催しています。自分でアプリを公開してみたい場合はご参加ください。