HTMLで日付の入力欄を作る方法を現役デザイナーが解説【初心者向け】

初心者向けにHTMLで日付の入力欄を作る方法について解説しています。日付の入力フィールドを作成するには、input要素のtype属性にdateを指定します。書き方とブラウザ上での見え方を確認しましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

HTMLで日付の入力欄を作る方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそも、HTMLの記述方法がわからない場合は、 HTMLの書き方について解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Webデザイン講座のHTMLカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は、HTMLに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

日付の入力欄を作る方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

inputタグの属性について

日付の入力欄を作るにはinputタグを使います。input要素はユーザーに何かのデータを入力してもらう要素です。お問い合わせフォームや個人情報の入力欄に多く使われています。

input要素のtype属性を変えることで入力してもらいたいデータのみを入力出来るようになります。typeをtextとした場合は名前などのテキストを記入でき、typeをemalとした場合はemailのアドレスのみを入力できる欄になります。

 

文字列書式の違い

input要素のtype属性をdateとすることで日付入力欄を作成することができます。このdateはブラウザによって表記が異なり、Google Chromeの場合にはカレンダーの表示が出てきます。

対応ブラウザのみカレンダーの表示となりますが、非対応ブラウザの場合にはtextと同じように扱われてしまいます。

この入力欄にユーザーから記入してもらうことによりテキスト文字としての表示ではなく,日付の書式としてYYYY-MM-DDとした日付のデータとして送受信が出来るようになります。

 

[PR] HTML/CSSで挫折しない学習方法を動画で公開中

入力フィールドを作成してみよう

今回はGoogle Chromeでの表記となります。各ブラウザごとに表記方法が変わる為、注意が必要です。

(htmlファイル)

<div>

<inputtype="date"name="日付">

</div>

 

 

監修してくれたメンター

木村勇土

TechAcademyの現役メンター。

現在は行政書士事務所を運営しており、お客様にはプログラマーやフリーランサーも多い。WordPressを中心とした自社のWebサイトの修正などを行なっている。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも、最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。