JavaScriptでcheckboxを使う方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptでcheckboxを使う方法について現役エンジニアが解説しています。checkboxはHTMLで複数の選択をさせる場合に使用する部品で、JavaScriptで操作することが出来ます。checkboxがチェックされたかどうか、あるいはcheckboxをチェックする方法を解説します。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptでcheckboxを使う方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使って初心者向けに解説します。

 

JavaScriptについてそもそもよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、JavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptでcheckboxを使う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

checkboxとは

HTMLで複数の選択をさせる場合に使用する部品です。

下記のcheckboxの例では、0個-3個を選択できます。

HTMLのcheckbox(チェックボックス)。複数の項目の選択が出来るフォーム部品。
 

基本的なcheckboxの作り方

inputタグのtypeをcheckboxにして、表示する文字を記述することでチェックボックスを作れます。

<input type="checkbox">チェック1

この作り方の場合は、チェックを入れるためには四角の中をクリックしないとチェックできません。

表示した文字もクリックしてもチェックが入るようにするとユーザーに親切です。その場合は、下記のようにlabelタグで囲うことで四角の中と文字全体のどこをクリックしてもチェックできるようになります。

<label>
<input type="checkbox">チェック1
</label>

また、下記のようなCSSをつけることでマウスカーソルの形でクリックできる場所(チェックできる場所)をユーザーに伝えることができます。

label, input[type='checkbox'] {
    cursor: pointer;
}

 

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

checkboxに付け加えたい機能

下記の3つのチェックボックスを表示するHTMLを用意して、JavaScriptでよくある処理を記述していきます。
 

HTMLソース

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="UTF-8">
  </head>
  <body>
    <label>
      <input type="checkbox" value="チェック1">チェック1
    </label>

    <label>
      <input type="checkbox" value="チェック2">チェック2
    </label>

    <label>
      <input type="checkbox" value="チェック3">チェック3
    </label>
    <input type="button" value="入力完了" disabled>
  </body>
</html>

 

チェックされているか確認

チェックボックスを取得し、【取得したチェックボックス】.checkedとすることで確認できます。
チェックされていればtrue、されていなければfalseとなります。

let checkbox = document.querySelectorAll('input[type="checkbox"]');
console.log(checkbox[0].checked);

上記のソースでは、querySelectorAllにてチェックボックスを全て取得しています。

取得したチェックボックスの1つめ(checkbox[0])に.checkedとすることで、1つ目のチェックボックスがチェックされていればtrue、されていなければfalseがコンソールに表示されます。
 

すべてチェックされてボタンが押せる

HTMLで用意したボタンは、disabledをつけることで初期状態では押せないようになっています。すべてチェックされたらこのdisabledをfalseにすることで押せるようになります。

全てチェックされたかどうかは、チェックボックスを全て取得してチェックされているかを1つずつ確認してもよいです。また、チェックボックスの数とチェックされたチェックボックスの数が一致するかどうかでも確認できます。

let checkbox = document.querySelectorAll('input[type="checkbox"]');
let button = document.querySelector('input[type="button"]');
checkbox.forEach( check => check.onchange = checkValue );

function checkValue(event){
  let checked = document.querySelectorAll('input[type="checkbox"]:checked');
  if(checkbox.length === checked.length){
    button.disabled = false;
  }else{
    button.disabled = true;
  }
}

上記のソースでは、「checkbox.forEach( check => check.onchange = checkValue );」とすることで、取得したチェックボックスをforEachのループで、チェックボックス1つずつに値が変更したらcheckValueという関数を呼び出すように設定しています。

querySelectorAllで擬似クラスセレクターの:checkedを追加することで、チェックしたチェックボックスのみを取得しています。

チェックボックスの数とチェックされたチェックボックスの数が一致した場合は、全てチェックされているのでボタンを活性(disabled=false)にして押せるようにし、そうでなければ押せないようにしています。
 

1つのチェックボックスしか選べない

この場合は、チェックボックスではなくラジオボタンを使ってください。
HTMLのinputタグのtypeをradioにすることで単一選択の選択肢を作れます。
 

チェックボックスにまとめてチェックを入れる

チェックボックスのcheckedをtrueにすることでチェックを入れることができます。

今回の例だと、取得したチェックボックスをforEachのループでchecked=trueとすれば全てのチェックボックスにチェックができます。

下記のようなコードになります。これを「全部チェック」のような名前のボタンを押した場合などに呼び出せば動作します。

checkbox.forEach( check => check.checked = true; );

 

まとめ

チェックボックスの表示から操作までを紹介しました。

あとはアイデア次第で応用することで多様な処理を作ることが可能になります。
 

筆者プロフィール

横山茂雄(よこやましげお)

フリーエンジニアとして活動中。サーバーサイドからフロントまで時代の波に合わせてスキルを変化させてきました。

言語、フレームワーク、DB、現場、いずれも転々としながら、筋トレも欠かさない体育会系エンジニアです。TechAcademyジュニアのゲームアプリコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。