JavaScriptのcontinue文の使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptのcontinue文の使い方について現役エンジニアが解説しています。continue文とはfor文やwhile文などのループの中で、現在の反復を終了して次の回のループを実行するものです。continue文やbreak文との違いについても確認しましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptのcontinue文の使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使って初心者向けに解説します。

 

JavaScriptについてそもそもよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、JavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptのcontinue文の使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

continue文とは

for文やwhile文などのループの中で、現在の反復を終了して次の回のループを実行するものです。

平たく言うと、ループの中で1回とばしをするためのものです。
 

continue文の使い方

ループ処理の中で下記のように1文記述することで使えます。

continue;

if文で特定の条件の場合の際にcontinueを実行することで、ループの中の全部の対象データから処理を除外できます。
 

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

continue文とbreak文の違い

どちらもループの中で処理をとばすものですが、とばす先が異なります。

continueはループの最初に移動し、breakはループなどのブロック({から}まで)の外に移動します。そのため、continueは処理を1回スキップして続けたいような場合に使い、breakは処理を終わらせたい場合に使います。

JavaScriptのcontinueとbreakの移動先の違い。continue文は先頭へ、break文はループの外へ移動します。
 

実際に書いてみよう

下記の例は0-5までのループ処理です。ループの数をコンソールに出力しています。

3の場合はcontinueで処理をスキップし、4の場合はbreakで処理を終了しています。

for(let i= 0; i <= 5; i++){
  if(i === 3){
    continue;
  }
  console.log(i);
  if(i === 4){
    break;
  }
}

コンソールには下記のように出力されています。

0
1
2
4

 

まとめ

continueとbreakを使うことで、ループ処理の内容を柔軟に対応できます。

また、特定の値を除いて処理をするだけでなく、エラーが確定したような場合に処理を終了させたりすることで処理パフォーマンスを改善できます。
 

筆者プロフィール

横山茂雄(よこやましげお)

フリーエンジニアとして活動中。サーバーサイドからフロントまで時代の波に合わせてスキルを変化させてきました。

言語、フレームワーク、DB、現場、いずれも転々としながら、筋トレも欠かさない体育会系エンジニアです。TechAcademyジュニアのゲームアプリコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。