Rubyで範囲オブジェクトを使う方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyで範囲オブジェクトを使う方法について現役エンジニアが解説しています。範囲オブジェクトとはオブジェクトの一種で、範囲を表現することが出来て、繰り返し文などで使用する事が出来ます。範囲演算子である..(ピリオド2つ、あるいは3つ)を使って範囲オブジェクトを作成します。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Rubyで範囲オブジェクトを使う方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Ruby講座の内容をもとに紹介しています。

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Rubyで範囲オブジェクトを使う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

オブジェクトとは

Rubyのように操作手順よりも「操作対象(オブジェクト)」に重点を置いた設計になっている言語のことを「オブジェクト指向言語」といいます。Rubyの世界ではすべてが「オブジェクト」になります。そして「オブジェクト」はなにかしらのクラスに属しています。

文字列は String クラスに、整数は Integer クラスに、配列は Array クラスに。

puts "str".class #=> string
puts 3.class #=> Integer
puts [1,2,3].class #=> Array
puts (1..3).class #= Range

そして今回扱う「範囲」もオブジェクトでありRangeクラスに属しています。

「範囲」とだけ表現すると混乱してしまうので、あえて「範囲オブジェクト」と表される傾向があります。

range(範囲)を使うメリットと使われるケース

範囲オブジェクトを使用することで、簡単に「連続する値」を作ることができます。

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

範囲オブジェクトを使う方法

以下のように範囲演算子(..)を使って記述します。

(開始する値..終了する値)

ピリオド3つ(…)の範囲演算子もあります。

この場合は終端を含まない範囲となります。

(開始する値...終了する値)

 

実際に書いてみよう

# 1~5までの範囲を作成し、「範囲」内の値を表示します。
(1..5).each do |v|
  puts v
end
# aからdまでの範囲を作成し、「範囲」内の値を表示します。
("a".."d").each do |v|
  puts v
end
# 範囲演算子(..)の場合は終端を含みます。
# 要素のサイズは終端を含むので 10 となります。
puts (1..10).size #=> 10
# 範囲演算子(..)の場合は終端を含みます。
# 要素のサイズは終端を含まないので 9 となります。
puts (1...10).size #=> 9
__END__

 

実行結果

1
2
3
4
5
a
b
c
d
10
9

 

まとめ

まとめてみましょう。

  • 範囲オブジェクトは範囲演算子(..)または(…)を使って作成します
  • 範囲演算子(..)の場合は終端を含みます
  • 範囲演算子(…)の場合は終端を含みません

範囲Rangeを使うことで、簡単に連続する値を処理することができましたね。どんどん活用していきましょう。

筆者プロフィール

メンター古川さん

Rubyが得意で、Webエンジニアとして最上流から最下流までセルフスターターとして活躍してきました。

近年 セミリタイアし、フリーランスとして適度に働きながら穏やかな生活を楽しでいます。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Ruby on Railsを使ったプログラミングを習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。