Pythonのコンストラクタをオーバーロードする方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonのコンストラクタをオーバーロードする方法について現役エンジニアが解説しています。コンストラクタとは、インスタンス生成時に最初に実行されるメソッドで、オーバーロードは1つのクラス内に同じ名前のメソッドを複数定義することです。デフォルトの引数を設定します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Pythonのコンストラクタをオーバーロードする方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Python講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonのコンストラクタをオーバーロードする方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

Pythonを使っていると、引数によってコンストラクタを分けたいことってありますよね。

例えばnameとageという2つのインスタンス変数を持っているクラスの場合ですと、「nameのみを設定したい」「nameとageの両方を設定したい」といった具合です。しかし、PythonはJavaなどのプログラミング言語と違ってオーバーロードといった仕組みがありません。

そこで、この記事ではコンストラクタをオーバーロードするときの代替案となる方法についてご紹介致します。

コンストラクタとは

コンストラクタとは、「インスタンス生成時に、そのインスタンスにインスタンス変数を設定するためのメソッド」のことです。コンストラクタを書くときには、__init__()という特殊メソッドを用います。このメソッドの中にインスタンス変数の定義を書いていきます。

コンストラクタは以下のように定義します。

def __init__(self, 引数リスト)
    インスタンス変数の定義

ここでselfという引数が出てきましたが、これはインスタンス自身を表すキーワードです。クラス内のメソッドの第一引数には必ずselfを渡さなければなりません。

オーバーロードとは

オーバーロードとは、「1つのクラス内に同じ名前のメソッドを複数定義すること」です。

この時、引数の型と数が全く同じである同名のメソッドを2つ以上定義することはできません。つまり、同名のメソッドである場合は引数の型か数の少なくともいずれかが異ならなければならないというわけです。

オーバーロードを利用すると、1つのメソッド名を知っているだけで引数によって処理を切り替えられるので便利です。ただし、冒頭でも述べたように、Pythonにはオーバーロードといった仕組みが残念ながらありません。

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

コンストラクタをオーバーロードする方法

オーバーロードができなければコンストラクタの処理の切り分けは不可能なのでしょうか。

結論から言うとそんなことはありません。オーバーロードできない問題をほとんど解決できる方法がきちんと存在します。それは、コンストラクタにデフォルト引数を持たせる方法です。

実際に書いてみよう

それでは具体的なイメージを持つために実際にコードを書いてみましょう。

class Human():
    def __init__(self, name="Jonson", age=20):
        self.name = name
        self.age = age
    def show(self):
        print(f"私の名前は{self.name}です。年齢は{self.age}です。")
jonson = Human()
jonson.show()
man = Human("taro", 21)
man.show()
woman = Human("mariko")
woman.show()

このようにして、異なる引数を用いてコンストラクタを扱えるようになりました。

まとめ

この記事ではコンストラクタをオーバーロードするときの代替案となる方法についてご紹介しました。デフォルト引数を使ってコンストラクタを使い分けられると便利ですので、このテクニックは是非覚えておきましょう。

監修してくれたメンター

柴山真沙希(しばやままさき)

大手IT企業などでエンジニアとして2年ほど勤務した後、個人事業主としてプログラミングスクール「エンペサール」を経営。子供から大人まで幅広い層を対象にプログラミングを教えている。

得意言語はPython, HTML, CSSで、機械学習やデータ分析、スクレイピングなどが得意。サッカー観戦や読書が趣味である。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。