Pythonでセレニウムをサイト上で活用する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonでSeleniumを利用してWebサイトのボタンをクリックする方法について現役エンジニアが解説しています。Seleniumとはブラウザを自動で操作できるツールであり、今回はyahoo検索を自動化してみましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonでセレニウム(Selenium)を使用してWebサイトのボタンをクリックする方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

 

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Python講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PythonでSeleniumを利用してWebサイトのボタンをクリックする方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Seleniumとは

Selenium(セレニウム)とは、webアプリケーションなどを含め、ブラウザを自動で操作することができるオートメーションツールです。

Seleniumを使用することでブラウザ上での様々な操作を自動化することができるでしょう。

 

Webサイトのボタンをクリックする方法

今回はGoogle chrome上でのボタンクリック処理の実装方法についてみていきましょう。

まずはChromeのインストールが完了し、Seleniumのインストールを行います。

Seleniumはpipを使用してインストール可能です。

 

ターミナル上に下記コマンドを入力してインストールを行いましょう。

pip install selenium
次にchromeのウェブドライバをダウンロードしてください。

 

ダウンロード後、Webサイトのボタンをクリックする方法をみていきましょう。

SeleniumでWebサイトのボタンをクリックするためには、大きく2つの処理が必要になります。

  • クリックしたいボタンの要素を取得する。
  • 取得した要素(ボタン)をクリックする。

では、詳しくみていきましょう。

 

1.クリックしたいボタンの取得方法

要素を取得するには、以下のように記述してください。

driver.find_element_by_xpath('取得したい要素のxpath')

Seleniumではxpath以外にも様々な方法で要素の取得が可能です。

 

2.取得した要素をクリックする

取得した要素をクリックするには、以下ように記述してみましょう。

.click()

そして、以上の2つの文法を組み合わせて以下のように1行で記述することも可能です。

driver.find_element_by_xpath('取得したい要素のxpath').click()

まだseleniumの操作に慣れていない場合は、エラーが発生した場合に原因の特定がすぐできるように以下のような複数行に分けての記述してみましょう。

element = driver.find_element_by_xpath('取得したい要素のxpath')
element.click()

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

サンプルコード

# coding:utf-8
import time
from selenium import webdriver
# ブラウザを開く。
driver = webdriver.Chrome(executable_path='ウェブドライバを設置したフルパス')
# Yahoo!JAPANのTOP画面を開く
driver.get('https://www.yahoo.co.jp/')
# 5秒待ちます
time.sleep(5)
# TOP画面の検索ボタンの要素を取得する
element = driver.find_element_by_xpath('//*[@id="ContentWrapper"]/header/section[1]/div/form/fieldset/span/button')

# 取得した要素(検索ボタン)をクリックする
element.click()

 

実行結果

コードを実行するとブラウザが起動し、Yahoo!JAPANのトップページが表示されるでしょう。

PythonでSeleniumを利用して、ブラウザを起動し、Yahoo!JAPANのトップページに移動した画面。

トップページが表示された5秒後に自動的に検索ボタンがクリックされ、検索画面が表示されるでしょう。

PythonでSeleniumを利用して、Yahoo!JAPANの検索ボタンを押して、検索ページに移動した画面。

解説

コード6行目では、seleniumを使用するためのWebドライバーを設定しています。

事前にダウンロードしたchromeのWebドライバーを保存しているパスを入力しましょう。

コード9行目では、設定したWebドライバーを使用してYahoo!JAPANのトップページを開いています。

コード15行目では、検索ボタンの要素をelementに指定している状態です。

コード19行目では、検索ボタンの要素を指定したelementをクリックしています。

実行結果では、Yahoo!JAPANのトップページが5秒間表示された後に検索画面のページに自動で移行する動作が確認できるでしょう。

 

まとめ

今回は、 PythonでSeleniumを利用してWebサイトのボタンをクリックする方法について解説しました。

Seleniumに関しては、他にも様々な操作をサポートしているため、この際に学習してみましょう。

 

執筆してくれたメンター

菅繕久(すがよしひこ)

現在はフリーランスのエンジニアをしていてプログラミング歴は8年目になります。

普段は Python、FileMaker等を使って様々な業務で活用できるIoTプロダクトRPAツールを作成しています。

開発実績としては、業務自動化ツール(在庫管理・発注・ファイル操作 etc)、電子カルテシステム、ロボット用プログラムなどがあります。

TechAcademyではPythonコースを担当しております。

 

大石ゆかり

Pythonでセレニウム(Selenium)を使用してWebサイトのボタンをクリックする方法がよく分かったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、参加してみてください。