Rubyでdetectメソッドを使う方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyでdetectメソッドを使う方法について現役エンジニアが解説しています。detectメソッドは各要素をブロックで評価し「真(true)」となる要素の最初の1件を返します。detectには(検出)という意味があります。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Rubyでdetectメソッドを使う方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Ruby講座の内容をもとに紹介しています。

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Rubyでdetectメソッドを使う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

detectメソッドとは

各要素をブロックで評価し「真(true)」となる要素の最初の1件を返します。適合した要素を「検出(detect)」してくれます。

selectメソッドは適合した要素を「すべて」抽出して返しますが、detectメソッドは適合した最初の1件目のみを返す点がことなります。

findメソッドとの違い

findメソッドとほとんど同じです。しかし、findメソッドは Ruby on Rails (ActiveRecord) のfindメソッドと混同されやすいため、あえてdetectメソッドを使用することで判別しやすくするケースもあります。

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

detectメソッドを使うメリットとよく使われるケース

各要素を評価し「真(true)」となる要素を1件だけ得たいときに便利です。または、「真(true)」となる要素が存在するかどうかを判別することもできます。

detectメソッドを使う方法

以下の形式で使用します。

配列のインスタンス.detect ブロック式

 

実際に書いてみよう

# 配列を作成します。
arr = [1, 2, 3, 1, 2, 3]
# 適合する1件のみを検出(detect)します。
ret = arr.detect {|v| v==1 }
p ret #=> 1
# find メソッドでも同じ結果になります。
ret = arr.find {|v| v==1 }
p ret #=> 1
# 「真(true)」となるものが存在しない場合は nil が返ります。
ret = arr.detect {|v| v==5 }
p ret #=> nil
# select メソッドは適合するものを「すべて」選択(select)して返します。
ret = arr.select {|v| v==1 }
p ret #=> [1, 1]
__END__

 

実行結果

#=>
1
1
nil
[1, 1]

 

まとめ

まとめてみしょう。

  • detect メソッドは各要素を評価して「真(true)」となる最初の1件を検出(detect)して返す
  • find メソッドと等価
  • 「真(true)」となる要素が存在しない場合は nil を返す
  • select メソッドは「真(true)」となる要素を「すべて」返すが、detect メソッドは「最初の1件だけ」を返す

detect メソッドを使用することで簡単に1件だけの要素を検出(detect)することができましたね。どんどん活用していきましょう。

筆者プロフィール

メンター古川さん

Rubyが得意で、Webエンジニアとして最上流から最下流までセルフスターターとして活躍してきました。

近年セミリタイアし、フリーランスとして適度に働きながら穏やかな生活を楽しでいます。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Ruby on Railsを使ったプログラミングを習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。