Rubyでディレクトリを一覧表示する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyでディレクトリを一覧表示する方法について現役エンジニアが解説しています。ディレクトリはフォルダと同じです。ディレクトリ一覧を表示・取得するにはDir.globメソッドとFiletest.directory?メソッドを使います。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Rubyでディレクトリを一覧表示する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Ruby講座の内容をもとに紹介しています。
 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Rubyでディレクトリを一覧表示する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

ディレクトリとは

「フォルダ」と同じものだと思ってしまって差し支えないでしょう。

WindowsなどのOSでは「フォルダ」と呼びますが、Unix/Linux系のOSでは古くから「ディレクトリ」と呼んでいました。「日本」と「ジャパン」の違いのようなもので、「文化が違えば呼び名が変わる」ぐらいのものです。

WindowsやMacintoshではマウスを使ってフォルダ(ディレクトリ)を作成しますが、Rubyのプログラムを実行して自動でディレクトリを作成したり、ディレクトリの一覧を表示できます。
 

ディレクトリを一覧表示/取得する方法

ディレクトリのみを抽出して表示したい場合は Dir.globメソッドと Filetest.directory?メソッドを使う形式がわかりやすいでしょう。

メソッドの使用方法は、以下がシンプルな形式になります。

Dir.glob("パターン") ブロック
Filetest.directory?("パス")

Dir.glob メソッドで指定する「パターン」は正規表現ではなく、ワイルドカード指定になりますので注意しましょう。
 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

# 動作を検証するためにディレクトリを作成します。
require "fileutils"
FileUtils.mkdir_p "testdir1/testdir11/testdir111"
FileUtils.mkdir_p "testdir1/testdir12"
FileUtils.mkdir_p "testdir1/testdir13"
FileUtils.mkdir_p "testdir2"
FileUtils.mkdir_p "testdir3"
# カレントディレクトリのディレクトリ一覧を出力します。
Dir.glob("./*") do |f|
  puts f if FileTest.directory?(f)
end
#再帰的にディレクトリ一覧を出力したい場合はパターンに「 ** 」を指定します。
Dir.glob("./**/*") do |f|
  puts f if FileTest.directory?(f)
end
__END__

 

実行結果

#=>
./testdir1
./testdir2
./testdir3
./testdir1
./testdir1/testdir11
./testdir1/testdir11/testdir111
./testdir1/testdir12
./testdir1/testdir13
./testdir2
./testdir3

 

まとめ

簡単にディレクトリ一覧を表示できましたね。

どんどん活用していきましょう。
 

筆者プロフィール

メンター古川さん

Rubyが得意で、Webエンジニアとして最上流から最下流までセルフスターターとして活躍してきました。

近年セミリタイアし、フリーランスとして適度に働きながら穏やかな生活を楽しでいます。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Ruby on Railsを使ったプログラミングを習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。