HTMLの要素を操作する方法を現役デザイナーが解説【初心者向け】

初心者向けにHTMLの要素を操作する方法について解説しています。最初に、HTMLの要素とは何かについておさらいします。次に、JavaScriptでHTMLの要素を取得し操作する方法をサンプルコードで見ていきましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

HTMLの要素を操作する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそも、HTMLの記述方法がわからない場合は、 HTMLの書き方について解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Webデザイン講座のHTMLカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は、HTMLに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

HTMLの要素を操作する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

HTMLの要素とは

HTMLの要素とは開始タグと閉じタグで囲まれたそれぞれの固まりのことをさします。HTMLのコードはHTML要素の中に全て記述されます。主な構成としてはHTML要素の中にhead要素とbody要素があります。
head要素の中にはmeta要素、title要素、link要素などが入れ子で記述されています。body要素の中にはh1などの見出し、段落を表すp要素、他にもul要素、li要素など様々な要素を記述することが出来ます。
webページに表示される部分はbody要素の中に記述され、これらの要素のパーツによりコンテンツが形成されることになります。

 

HTMLの要素を操作する主な方法

JavaScriptでHTMLの要素を取得し操作することが出来ます。HTMLのp要素などにid値を設定し、JavaScriptのgetElementByIdメソッドを使いid値をキーに取得します。
同様にタグ名をキーに要素を取得する場合にはgetElementsByTagNameメソッドを使い、class属性をキーに要素を取得する場合には、getElementsByClassNameメソッドを使います。取得した要素に処理を実行することで操作することができます。

 

[PR] HTML/CSSで挫折しない学習方法を動画で公開中

サンプルコードなど

span要素を呼び出し操作するサンプルコードです。

 

<body>

  <p>今日の時刻:<span id="result"></span></p>

    <div id="DateTimeDisp"></div>

    <script type="text/javascript">

      var now = new Date();

        var target = document.getElementById("result");

        var Year = now.getFullYear();

        var Month = now.getMonth()+1;

        var Date = now.getDate();

        target.innerHTML = Year + "年" + Month + "月" + Date + "日";

    </script>

</body>

 

 

画面のように表記されれば成功です。

 

監修してくれたメンター

木村勇土

TechAcademyの現役メンター。

現在は行政書士事務所を運営しており、お客様にはプログラマーやフリーランサーも多い。WordPressを中心とした自社のWebサイトの修正などを行なっている。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも、最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。