HTMLで数値の入力欄を作成する方法を現役デザイナーが解説【初心者向け】

初心者向けにHTMLで数値の入力欄を作成する方法について解説しています。数値入力欄を作成する場合は、inputタグのtype属性にnumberを指定します。基本の書き方と画面上での動作を覚えましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

HTMLで数値の入力欄を作成する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそも、HTMLの記述方法がわからない場合は、 HTMLの書き方について解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Webデザイン講座のHTMLカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は、HTMLに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

数値の入力欄を作成する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

inputタグとは

テキストボックスなどの、基本的なユーザー入力フォームを提供するためのタグです。type属性で入力フォーム種別を指定することで、多様な部品を作ることができます。

例1:テキストボックスの場合

<input type="text" value="こんにちは">

例2:ラジオボタンの場合

<input type="radio" value="1" >紅茶
<input type="radio" value="2" >コーヒー

画面表示イメージ

 

数値の入力欄を作成するには

type属性に「number」を指定することで、数値だけ入力可能なテキストボックスを表示することができます。

 

[PR] HTML/CSSで挫折しない学習方法を動画で公開中

input type=”number”を使って数値の入力欄を作成してみよう

ユーザーに数値だけを入力してもらいたい場合には、通常のtype=”text”ではなく、type=”number”を指定することで数値専用の入力欄を用意しましょう。

数値入力欄を表示させるためのHTMLコード

<input type="number" >

画面表示イメージ

 

まとめ

inputタグのtype属性に指定できる値は種類が豊富です。今回紹介したnumber以外にも、何種類か試してみましょう

 

監修してくれたメンター

寺谷文宏

WEBアプリケーションエンジニアとして数多くのプロジェクトを経験し、フロントエンドからサーバーサイドまで総合的な開発を得意としています。

TechAchademyではフロントエンド、Javaコースを担当。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも、最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。