Pythonでデータをスタックする方法について現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonでデータをスタックする方法について現役エンジニアが解説しています。スタックとは、データ構造の一つでリストの先端のみにデータの追加と削除が行える構造のことです。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonでデータをスタックする方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonでデータをスタックする方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

スタックとは

スタックとは、データ構造の一つであり、一時的にデータを保存する仕組みです。

リストの一形態で、リストの先端に対する挿入と削除のみを行います。

床に本を積みあげるようなイメージで、一番上に積むか、一番上を取り除くか、どちらかの操作だけを行うものあるため、途中に挿しこんだり、途中から抜き取ったりすることはできません。

LIFO(Last In First Out)、後入れ先出しのデータ構造です。

 

スタックとキューの比較

スタックと対比されるのがキューというデータ構造です。

こちらは一方通行の管のイメージで、左端から入れるか、右端から取り出すか、どちらかの操作だけを行います。

逆に左端から取り出したり、右端から入れたりすることはできません。

FIFO(First In First Out)、先入れ先出しのデータ構造です。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

データをスタックしてみよう

リストに対してappend/popを呼び出すと、スタック操作を実現できます。

以下のサンプルコードでは、コード右側に、スタックの状態をコメントで表現しました。

サンプルコード

st = []
st.append(0) # [0]
st.append(1) # [0, 1]
print(st.pop()) # [0]
st.append(2) # [0, 2]
print(st.pop()) # [0]
print(st.pop()) # []

 

実行結果

1
2
0

 

まとめ

この記事では、リストを用いてスタックを実現する方法を解説しました。

そして、スタックと対比されるデータ構造であるキューなどもあるため、使い分けていきましょう。

 

執筆してくれたメンター

橋本紘希(はしもとひろき)

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

Pythonでデータをスタックする方法がよく分かったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、今後も分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、参加してみてください。