Rubyでarrayクラスを取得する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyでarrayクラスを取得する方法について現役エンジニアが解説しています。arrayとは配列のことで、番号でまとめて値を管理するデータ構造です。Arrayクラスを取得するにはArray.newで明示的に指定したり、[](ブラケット記号)を使って書きます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Rubyでarrayクラスを取得する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Ruby講座の内容をもとに紹介しています。

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Rubyでarrayクラスを取得する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

arrayの定義とは

arrayとはプログラミング言語の概念の1つで、日本語では「配列」と表現します。

配列とは?

配列というのは、先頭から順に割り振られたインデックス番号で管理するデータ構造のことです。

プログラムがデータを扱うにあたり、単体のデータと同様のやり方で、複数のデータを1つの集合体として扱いたい際に用います。

ちなみにインデックス番号、他の多くのプログラミング言語と同じように、0から始まる仕組みとなっており、1つ目の要素が「0」、2つ目の要素が「1」、3つ目の要素が「2」というような形で割り振っていきます。

データの集合体を扱う際にもっとも頻出する概念の1つです。

arrayを使うメリット

データの集合体から個別の値を取り出すにあたって、割り振られたインデックス番号を元に抽出することができるため、後からデータの整形をする際にメリットを発揮します。

また特徴として、原則的に値の追加をする際には、後ろに値を追加していくような仕組みとなっています。

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

arrayクラスを取得する方法

arryクラスは、[]という形で記述できます。

明示的に、中身が空の配列新たに取得する場合は、Array.new と記述します。

実際に書いてみよう

まずは、fruitsという変数に配列でapple、banana、lemonという3つの値を入れます。

fruits = ["apple", "banana", "lemon"]

以下にてインデックス番号「0」を指定すると、対応する値が出力されます。

fruits[0] => "apple"

同様に「1」を指定すると、bananaが出力されます。

fruits[1] => "banana"

対応しないインデックス番号を指定した場合には、nilとなります。

ftuits[3] => nil

また、インデックス番号を指定しなければ、データが配列の形で出力されます。

fruits =>  ["apple", "banana", "lemon"]

ちなみに既存のインデックス番号を指定して、代入すると、配列ないの値を書き換えることもできます。

fruits[0] = "grape"
fruits =>  ["grape", "banana", "lemon"]

 

まとめ

以上がRubyにおけるArrayの概念、使い方です。

Arrayに関しては他にも様々な便利メソッドがあり、並び替え、書き換え、追加等、多様な使い方が存在します。

データ構造としてはもっとも基本的な概念です。学習初期の段階でしっかり抑えることで、今後の学習をスムーズに進めていくことが重要となります。

筆者プロフィール

メンターSKさん

現在、Webエンジニアとして勤務中。趣味は筋トレ。得意なプログラミング言語はRuby、JavaScript。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Ruby on Railsを使ったプログラミングを習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。