Pythonでcsvファイルを編集する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonでcsvファイルを編集する方法について現役エンジニアが解説しています。Pythonでcsvファイルを編集・操作するにはcsvモジュールを使います。csvファイル作成にはopen関数を使ってファイルを新規作成しcsv.writerowメソッドを使って書き込みます。その後読み込んでみましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Pythonでcsvファイルを編集する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Python講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonでcsvファイルを編集する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

csvモジュールのインポート

csvモジュールはPythonの標準ライブラリですので、以下の1行でそのままインポートできます。

import csv

 

csvファイルの生成方法

PythonからCSVファイルを作成する際にはいくつかのパターンがありますが、よく使われるやり方は1行ずつリストデータになったものから生成する方法です。

具体的には以下のような形式です。

rowdata =[[11, 12, 13],
[21, 22, 23],[31, 32, 33]]

この形式のデータからCSVを作成するには、csv.writerow()を使って行います。この方法はデータを1行ずつ書き出すので、for文を使って書き込みを行います。

なお、csvモジュールを使って書き込みを行うには、open関数を使います。

with open("sample.csv", mode="w", encoding="utf-8") as f:
    writer = csv.writer(f)
    for line in rowdata:
        writer.writerow(line)

上記の方法以外だと、csv.writerows()を使って書き込む方法があります。

writerowとの違いは各行のデータをまとめて書き込むことができるため、for文を使わずコードが短くなります。

with open("sample.csv", mode="w", encoding="utf-8") as f:
    writer = csv.writer(f)
    writer.writerows(rowdata)

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

w, r, aの使い方

ここで、open関数で必ず指定するmodeの話をします。modeでは、w、r、aいずれかを指定します。これでファイルに対して書き込みの操作か読み込みの操作を指定できます。

それぞれの使い分けは以下の通りです

  • w:ファイルに新規で書き込みを行う(既存のファイルの中身は消される)
  • a:ファイルに追加で書き込みを行う(ファイルが存在しない場合は新規作成される)
  • r:ファイルを読み込む

 

csvファイルを生成・編集してみよう

それでは、実際にcsvファイルを作成していきます。以下のコードをコピーして実行します。

import csv

rawdata = [["id", "menu", "price"],
 [1, "apple", 100],
 [2, "orange", 100],
 [3, "grape", 200]]

# CSVファイルを作成
with open("menu.csv", mode="w", encoding="utf-8") as f:
    writer = csv.writer(f)
    writer.writerows(rawdata)

# 作成したCSVを読み込む
with open("menu.csv", mode="r", encoding="utf-8") as rf:
    reader = csv.reader(rf)
    # ヘッダー行を飛ばす
    next(reader)
    with open("menu_new.csv", mode="w", encoding="utf-8") as wf:
        writer = csv.writer(wf)
        writer.writerow(["id", "menu", "price(+tax)"])
        # 価格を変更する
        for line in reader:
           priceintax = int(line[2]) * 1.1
           writer.writerow([line[0], line[1], int(priceintax)])

上記のコードを実行すると以下の2種類のCSVが出力されます。

menu.csv

id,menu,price
1,apple,100
2,orange,100
3,grape,200

 

menu_new.csv

id,menu,price(+tax)
1,apple,110
2,orange,110
3,grape,220

 

監修してくれたメンター

メンター三浦

モバイルゲームを運用している会社のエンジニアをしています。趣味でWEB開発やクラウドコンピューティングもやっており、ソフトもハードもなんでもやります。

TechAcademyジュニアではPythonロボティクスコースを担当しています。好きな言語はPython, Node.js。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。