WordPressのユーザー権限を使いこなす方法【初心者向け】

WordPressの【ユーザー権限】を使いこなす方法を初心者向けに解説した記事です。5つのユーザー権限があるので、それぞれで出来ることをまとめました。記事の最後には表を使って比較しているので、サイト運営に活用してください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

複数人でサイトの運営をおこなう場合、便利なのがWordPressの「ユーザー権限」です。

1人ひとりのユーザーに権限を付与することができ、操作範囲を限定することができます。権限の設定は、ユーザーを増やす際に同時に選択できます。

 

今回は、ユーザー権限の種類と各権限ごとにできることについて解説します。ユーザー権限を使いこなして、サイト運営に役立ててください。

ユーザー権限の低いものから、順に見ていきましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。
 

大石ゆかり

田島メンター!!WordPressのユーザー権限って何ですか〜??

田島悠介

ユーザー権限っていうのはね、「特定の人だけにコメントを書いてもらいたい」ときとか「この人は記事を投稿できるだけの機能を持たせたい」ときなんかに使うんだ。詳しく教えてあげるね。

 

購読者

ユーザー1

購読者のダッシュボードを見てもわかる通り、購読者ができるのはプロフィール編集くらいです。

コメントの投稿・閲覧、メルマガの受け取りはできますが、通常のサイトコンテンツを作成することはできないユーザーです。

ユーザーだけがコメント投稿できる記事などの場合に、「コメント投稿だけ許可したい」とき、このユーザー権限は適しています。

 

 

寄稿者

ユーザー2

寄稿者は、投稿記事を作成することができます。しかし、記事を公開する権限は持っていません。

他のユーザーが作成した記事も「投稿一覧」から見ることができますが、編集することはできません。また、メディアファイルのアップロードも制限されています。

記事を作成したら、「レビュー待ち」という形で投稿し、上位の管理者が承認することで記事は公開されます。

 

 

[PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中

投稿者

ユーザー3

投稿者は、寄稿者と違って自分で投稿を公開するところまでできます。自分が投稿した記事でしたら、公開後も編集したり削除したりすることができます。また、写真などのメディアファイルもアップロード可能です。

制限されている点としては、他の投稿に関する部分です。他のユーザーが投稿した記事の編集や、レビュー待ちの記事の承認はできません。

 

 

編集者

ユーザー4

編集者は、記事・ページに対してほぼすべての権限を有します。投稿記事だけでなく、カテゴリ、タグの作成、固定ページの追加・編集をすることもできます。

また、寄稿者の記事の承認、他の人が書いた記事の編集・削除が可能です。

制限されている部分は、WordPressのサイトの設定です。テーマの編集やユーザーの管理、ウィジェットなどの編集はできません。

 

 

管理者

ユーザー5

管理者は、最も権限が強く、WordPressに関するすべての機能を実施できます。

 

 

まとめ

最後に、ユーザー権限ごとで主要なできることを表にまとめてみました。

権限 プロフィール
変更
記事投稿
(公開権限なし)
記事投稿
(公開権限あり)
アップロード
管理
他の記事の
編集
WordPressの
設定
購読者 × × × × ×
寄稿者 × × × ×
投稿者 × ×
編集者 ×
管理者

 

今回紹介した5つの権限を理解して、WordPressのサイト運営に生かしていきましょう。

さらにWordPressを使いこなしたい場合は、WordPressでウィジェットを編集する方法も合わせてご覧ください。

 

大石ゆかり

なるほど〜。各ユーザーごとに権限を付与することで、WordPressの運営が楽になるんですね〜。

田島悠介

そうだね。だから、それぞれの役割をしっかりと覚えておいたほうが良いね♪

大石ゆかり

はい♪

 

[お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。