JavaでBigDecimal型とString型を変換する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaでBigDecimal型とString型を変換する方法について解説しています。BigDecimal型は少数の計算を誤差なく行うのに使用されます。BigDecimal型から文字列に変換する方法、逆に文字列からBigDecimal型に変換する方法を学びましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

JavaでBigDecimal型とString型を変換する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Java講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

BigDecimal型とString型を変換する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

BigDecimal型とは

まずは、BigDecimal型について解説します。

BigDecimal型はmathパッケージで定義されているデータ型です。通常、プログラミングで小数などの細かい数を扱う場合はどうしても誤差が出てしまうのですが、そのような誤差が出ないようにするために、もしくは、誤差についての処理方法を厳密にするために用意されているのがBigDecimal型です。

BigDecimal型の宣言は、

BigDecimal BigDecimal型変数名 = new BigDecimal("数値");

と記述します。数値の部分はダブルクオーテーション(” “)で閉じる必要 があります。(そうしないと、引数の数値がintなどに解釈されて、誤差が生じてしまいます。)

 

String型とは

続いて、Stringについて説明します。

String型というのは、文字列を扱うデータ型のことです。char型は1文字ずつ扱うのに対して、String型では複数の文字を一気に扱うことができるので非常に便利です。

String型の宣言は、

String String型変数名 = "代入したい文字列";

と記述します。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

BigDecimal型からString型へ変換する方法

BigDecimal型からString型に変換するには、BigDecimal型のtoStringメソッドを使います。

toStringメソッドを使ってString型を取得するには、

String String型変数名 = BigDecimal型.toString();

と記述します。

 

String型からBigDecimal型へ変換する方法

今度は、String型からBigDecimal型に変換する方法です。実は、BigDecimal型の宣言のときと同じようにして、コンストラクタにString型を渡して、

BigDecimal BigDecimal型変数名 = new BigDecimal(String型);

とするだけで、String型をBigDecimal型に変換する事ができます。(「コンストラクタ」というのは、newを使ってオブジェクトを生成するときのBigDecimal()のことです。)

 

実際に書いてみよう

それでは、実際にコードを書いて確認してみます。

import java.math.BigDecimal;

class BigDecimalSample{
        public static void main(String args[]){
 
                 //BigDecimal型を用意
                 BigDecimal b1 = new BigDecimal("3.1415");

                //String型に変換したときのための変数
                 String str = "";

                //BigDecimal型→String型の変換
                 str = b1.toString();
                 System.out.print("BigDecimal型から作ったString型: ");
                 System.out.println(str);

                //String型→BigDecimal型の変換
                 BigDecimal b2 = new BigDecimal(str);
                 System.out.print("String型から作ったBigDecimal型: ");
                 System.out.println(b2);

                }
}

このコードを実行すると、

BigDecimal型から作ったString型: 3.1415
String型から作ったBigDecimal型: 3.1415

と表示されるので、

BigDecimal型⇔String型の相互の変換ができてきていることが確認できます。

 

まとめ

この記事では、Javaにおいて、精確に数字を扱うためのデータ型であるBigDecimal型とString型の変換方法について解説しました。数値と文字列の変換は必須知識なので、覚えておくと良いでしょう。

 

監修してくれたメンター

小倉翔悟 (おぐらしょうご)

AIプログラミングを使って開発を行う大学3年生。プログラミング歴は約3年。Pythonは割と好きな方。JavaもAndroid開発で触れていたりする。

大学では物理学を勉強中。好きな物理理論は一般相対性理論らしい。

意外と動物が好きだったり、、、。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

 

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。