Javaのputメソッドを使ってMapに値を追加する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaのputメソッドを使ってMapに値を追加する方法について解説しています。Map型はキーと値のセットを複数格納するデータ型です。初期化の方法とputメソッドを使ったデータ追加の方法を見ていきましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Javaのputメソッドを使ってMapに値を追加する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Java講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

putメソッドを使ってMapに値を追加する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Mapとは

まずは、Map型について簡単に説明していきます。Map型というのは、「キー」と「値」を1つのペアとして、格納するデータ型のことで、複数のペアを追加することができます。

Map型の初期化は

Map<キーの型名, 値の型名> マップ変数名 = new HashMap<キーの型, 値の型>();

のようにして行ないます。例えば、キーをString型、値を整数型にしたい場合は、

Map<String, Integer> マップ変数名 = new HashMap<String, Integer>();

として、初期化をします。

 

putメソッド

上で、初期化できたMap型にはまだデータが格納されていません。そこで、Map型にデータを追加するためのメソッドが必要となります。そのための方法が「putメソッド」です。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

putメソッドの使い方

putメソッドの引数には、Map型を初期化したときに決めた、キーと値の型に一致しているようなペアを渡してあげる必要があります。ですので、

マップ変数名.put(キー, 値);

のように書くことで、Map型にデータを追加することができます。

 

実際に書いてみよう

それでは、Map型を初期化して値を追加し、Mapの中身を表示するプログラムを作成してみましょう。プログラムの例として次のものがあります。

import java.util.HashMap;
import java.util.Map;

class Sample{
        public static void main(String args[]){
                 Map<String, Integer> map = new HashMap<>();

                map.put("Paul", 20);
                 for (Map.Entry<String, Integer> entry : map.entrySet()) {
                         System.out.println(entry.getKey() + " : " + entry.getValue());
                }
 
                 System.out.println();

                //データを追加して表示
                 map.put("John", 25); 
                 for (Map.Entry<String, Integer> entry : map.entrySet()) {
                         System.out.println(entry.getKey() + " : " + entry.getValue());
                 }
         }
}

このプログラムでは、

  1. Map型を初期化
  2. 要素を追加
  3. Map型に格納されたデータを表示
  4. もう一つ要素を追加
  5. Map型に格納されたデータを表示

するという処理を行なっていて、要素が追加されたことを確認できるようにしています。実際、コードを実行すると、

Paul : 20

John : 25
Paul : 20

と表示されて、要素が追加されていることが確認できると思います。

 

まとめ

この記事では、JavaにおけるMap型とい変数型について、その初期化とデータの追加の仕方について紹介しました。Map型を使いこなすことができると、Javaプログラミングの自由度が上がるので使い慣れておくとよいと思います。

 

監修してくれたメンター

小倉翔悟 (おぐらしょうご)

AIプログラミングを使って開発を行う大学3年生。プログラミング歴は約3年。Pythonは割と好きな方。JavaもAndroid開発で触れていたりする。

大学では物理学を勉強中。好きな物理理論は一般相対性理論らしい。

意外と動物が好きだったり、、、。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

 

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。