Javaの複合代入演算子の使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaの複合代入演算子の使い方について解説しています。ここでは複合代入演算子の種類とそれぞれの意味、使い方を説明します。変数を扱う際によく利用することになるのでぜひ覚えておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Javaの複合代入演算子の使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

複合代入演算子の使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

複合代入演算子とは

複合代入演算子とは、計算を行うために代入する変数の値に対して設定する演算子です。

例えば、「+=」などは複合代入演算子となります。

プログラムでは、「ある変数の値に数値を足したり引いたり、かけ算したり、割り算をしたり」という処理が頻繁に出てきます。

そして、通常の足し算では、num = num + 1; のように同じ変数名を2回使用することになるものの、複合代入演算子を使用することで、変数名を省略することが可能です。

 

複合代入演算子の種類

複合代入演算子には、以下のものが含まれます。

  • +=(加算代入)
  • -=(減算代入)
  • *=(乗算代入)
  • /=(除算代入)
  • %=(剰余算代入
  • ++(インクリメント)
  • –(デクリメント)

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

複合代入演算子の使い方

たとえば、int型の変数numを用意して11を代入すると以下のようになります。

int num = 11;

このint型の変数numに対して、複合代入演算子を使って計算式を簡略化する例をみてみましょう。

演算記号 計算 使用例 通常の式 結果
+= 加算代入 num += 2; num = num + 2; 13
-= 減算代入 num -= 2; num = num – 2; 9
*= 乗算代入 num *= 2; num = num * 2; 22
/= 除算代入 num /= 2; num = num / 2; 5
%= 剰余算代入 num %= 2; num = num % 2; 1
++ インクリメント num++; num = num + 1; 12
デクリメント num–; num = num – 1; 10

「++」のように「=」を使わないで値を更新する演算子のことを「単項演算子」といいます。

 

実際に書いてみよう

以下、サンプルコードです。

public class Arithmetic {
	public static void main(String[] args) {
		int value1, value2;
		value1 = 10;
		value2 = 5;
		System.out.println("加 算=> " + (value1 + value2));
		System.out.println("減 算=> " + (value1 - value2));
		System.out.println("乗 算=> " + (value1 * value2));
		System.out.println("除 算=> " + (value1 / value2));
		System.out.println("剰余算=> " + (value1 % value2));

		int num = 11;
		num += 2;
		System.out.println("加 算代入=> " + num);
		num -= 2;
		System.out.println("減 算代入=> " + num);
		num *= 2;
		System.out.println("乗 算代入=> " + num);
		num /= 2;
		System.out.println("除 算代入=> " + num);
		num %= 2;
		System.out.println("剰余算代入=> " + num);
		num++;
		System.out.println("インクリメント=> " + num);
		num--;
		System.out.println("デクリメント => " + num);
	}
}

実行結果

加 算=> 15
減 算=> 5
乗 算=> 50
除 算=> 2
剰余算=> 0
加 算代入=> 13
減 算代入=> 11
乗 算代入=> 22
除 算代入=> 11
剰余算代入=> 1
インクリメント=> 2
デクリメント =>1

 

まとめ

複合代入演算子は変数名を省略できる便利な書き方です。

しかし、利用の仕方によってはコード理解に時間が掛かる場合もあるため、適切に利用するようにしましょう。

 

執筆してくれたメンター

松井紀明

メーカー系で17年エンジニアとして勤務後、現在はフリーのエンジニアとしてリモートワークで働いています。

Java、Perl、COBOL、最近ではRuby、PHP等、様々な言語での開発を経験しています。TechAcademyではJavaコースを担当しています。

 

大石ゆかり

Javaの複合代入演算子がどういったものか分かったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できるオンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、参加してみてください。