HTMLエラーチェッカーの使い方を現役デザイナーが解説【初心者向け】

初心者向けにHTMLエラーチェッカーの使い方について解説しています。Chromeの拡張機能のエラーチェッカーを使うことで記述の間違いなどがないかを確認することができます。導入と基本の使い方を学びましょう。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

HTMLエラーチェッカーの使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそも、HTMLの記述方法がわからない場合は、 HTMLの書き方について解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Webデザイン講座のHTMLカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は、HTMLに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

エラーチェッカーの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

HTMLエラーチェッカーとは

HTMLエラーチェッカーは、HTMLの開始・終了タグの過不足やHTMLタグの記述ミスを検出するChromeの拡張機能です。インストールすれば拡張ボタンにエラー件数を表示してくれます。

 

使い方および解説

まず、ChromeストアからHTMLエラーチェッカーをインストールします。インストールするとブラウザに拡張ボタンが表示されます。インストール後、エラーチェックしたいページを開き、拡張ボタンをクリックするとチェックが開始されます。

 

[PR] Webデザインで副業する学習方法を動画で公開中

HTMLエラーチェッカーを使ってみよう

HTMLエラーチェッカーをインストールし、ブラウザに拡張ボタンが表示されているのを確認します。

 

次にチェックしたいページを開き、拡張ボタンをクリックします。エラーがあれば下図のようにHTMLエラーを表示してくれます。

 

監修してくれたメンター

舟橋幸太郎

フリーのWebデザイナー、グロースハッカーです。

KaizenPlatform社主催のGrowth Hacker Awardsで受賞歴があります。過去行ったA/Bテストが実績として書籍に掲載されました。
TechAcademyではWebデザインコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも、オリジナルWebサイトを公開できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。

初心者・未経験でもできる。まずはテックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 学習に不安を抱えている方へ、現役エンジニア講師とマンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう 厳しい試験を通過した講師 があなたの相談に真摯に向き合います。

「ただ気になることを相談したい」
「漠然としているがプロの話を聞いてみたい」

こんな気持ちでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料相談を予約する