HTMLで一定時間後に別のページにジャンプする方法を現役デザイナーが解説【初心者向け】

初心者向けにHTMLで一定時間後に別のページにジャンプする方法について解説しています。指定した時間後に別ページへ自動で転送することをリダイレクト処理といいます。ここではmetaタグを使ったリダイレクトの方法を説明します。サイト移転時などに利用してみましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

HTMLで一定時間後に別のページにジャンプする方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそも、HTMLの記述方法がわからない場合は、 HTMLの書き方について解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Webデザイン講座のHTMLカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は、HTMLに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

一定時間後に別のページにジャンプする方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

リダイレクト処理について

リダイレクトとは、アクセスしたページから自動的に任意のページに転送させる処理のことです。

例えばあるページが不要になったため削除したが、検索エンジンでは検索画面にページが残っているというケースが度々あります。しかしそれは検索画面からでは判断できないので、ユーザーはURLをクリックしてしまいます。そこでページが404エラーと表示されるとユーザーはすぐページを離脱してしまいます。そうならないように、削除したページに入ってきたユーザーを他のページに数秒で自動に移動できるように、リダイレクト処理をする必要があるのです。

 

活用場面

活用場面として一番多いのが、サイトを引っ越ししたときにリダイレクトさせる事かと思います。また、印刷物に記載したURLに変更があった場合にもリダイレクトは有効です。リダイレクトさせる事で、ユーザーをスムーズに誘導させることができます。

 

[PR] HTML/CSSで挫折しない学習方法を動画で公開中

一定時間後に別のページにジャンプしてみよう

リダイレクトする方法として一番多いのがhtaccessによるリダイレクトですが、ここではmetaタグでリダイレクト処理をさせる方法をご紹介します。

下記が例として、3秒後にYahoo! Japanにリダイレクトさせる記述です。こちらをmetaに記述します。

<meta http-equiv="Refresh" content="3; url=https://www.yahoo.co.jp/">

 

監修してくれたメンター

舟橋幸太郎

フリーのWebデザイナー、グロースハッカーです。

KaizenPlatform社主催のGrowth Hacker Awardsで受賞歴があります。過去行ったA/Bテストが実績として書籍に掲載されました。
TechAcademyではWebデザインコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも、最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。