KotlinのAnyクラスについて現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにKotlinのAnyクラスについて現役エンジニアが解説しています。AnyクラスとはNull非許容型のルートクラスのことです。また、Null許容型のルートクラスがAny?クラスになります。Anyクラスが親クラスなのかどうかサンプルコードで確認する方法を解説します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

KotlinのAnyクラスについて、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

初心者向けにKotlinの入門向けサイトをまとめた記事もありますので読んでみてください。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Androidアプリ開発講座の内容をもとに作成しています。

田島悠介

今回は、Androidアプリ開発に関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

KotlinのAnyクラスについて詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

Anyクラスの概要

Kotlinでは全ての値はクラスで定義されます。クラスは継承関係(親子関係)を持つことができます。

Kotlinでクラスの継承を行うには「:」を使用します。例えば以下はAnimalクラスが親でPersonクラスが子となります。

open class Animal(var name: String) {
  open fun greeting(): String {
    return "Hello!"
  }
}

class Person(name: String): Animal(name) {
  override fun greeting(): String {
    return "Hello! ${name}!"
  }
}

fun main() {
  val person = Person("Taro")
  println(person.greeting())
}

実行結果は以下のとおりです。

Hello! Taro!

Null非許容型のルートクラス(最も親のクラス)がAnyです。fun mainの内容を少し変更してみましょう。

fun main() {
  val person = Person("Taro")
  val any: Any = person
  if (any is Person) {
    println(any.greeting()) 
  }
}

上記は PersonとAnyでクラスが異なりますが、AnyはStringのルートクラスであるため、エラー無く実行できています。なおif文で使用している「is」はクラスが一致しているかを確認する演算子です。

Anyクラスについて詳しくは公式サイトも参考にしてください(英語)。

Kotlin – Any

[PR] Androidアプリの開発で挫折しない学習方法を動画で公開中

Javaとの比較

JavaのルートクラスはObjectです。

JavaはNull許容型とNull非許容型に分けられていないため、全てのクラスのルートクラスがObjectとなります。Androidアプリの開発では依然としてJavaも多く使われており、例えばActivityの親クラスであるAppCompatActivityのルートクラスはObjectとなっています。

「Any」と「Any?」の違い

それでは、KotlinにおけるNull許容型のルートクラスは何になるでしょうか? それが「Any?」です。

Any?はAnyおよびNull許容型の親クラスです。よって先程のコードは以下のように変更しても正しく動作します。

fun main() {
  val person = Person("Taro")
  val any: Any? = person
  if (any is Person) {
    println(any.greeting()) 
  }
}

ただしこれは、anyに代入するクラスがNull許容型の場合に限って行うようにしたほうが良いでしょう。

Kotlinでは基本的にNull非許容型を使用し、どうしても必要な場合に限ってNull許容型を利用するのがポイントです。

まとめ

今回の記事ではAnyクラスについて学習しました。

監修してくれたメンター

太田和樹(おおたかずき)

ITベンチャー企業のPM兼エンジニア。

普段は主に、Web系アプリケーション開発のプロジェクトマネージャーとプログラミング講師を行っている。守備範囲はフロントエンド、モバイル、サーバサイド、データサイエンティストと幅広い。その幅広い知見を生かして、複数の領域を組み合わせた新しい提案をするのが得意。

開発実績:画像認識技術を活用した駐車場混雑状況把握(実証実験)、音声認識を活用したヘルプデスク支援システム、Pepperを遠隔操作するアプリの開発、大規模基幹系システムの開発・導入マネジメント。

地方在住。仕事のほとんどをリモートオフィスで行う。通勤で消耗する代わりに趣味のDIYや家庭菜園、家族との時間を楽しんでいる。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Kotlinの技術を使ってAndroidアプリ開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。