Photoshopでコピースタンプツールを使う方法【初心者向け】

Photoshopで【コピースタンプツール】を使う方法を初心者向けに解説した記事です。コピースタンプツールを使うと、画像の一部分を別の場所に複製することができます。同じ画像内だけでなく、他のレイヤーから複製する方法も紹介しています。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Photoshopでは「コピースタンプツール」を使うと、画像の一部分を別の場所に複製することができます。そこで今回は、Photoshopのコピースタンプツールの使い方を解説します。

作業も早くなるので、基本を覚えておきましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインPhotoshop講座のカリキュラムをもとに執筆しています。

(※今回の作業はすべてAdobe PhotoShop CCのバージョンで行っています)

 

 

事前準備

今回はサンプルとしてこの画像を使用します。

ps_cp_s_1

 

左のツールアイコンから「コピースタンプツール」を選択します。

ps_cp_s_2

 

コピースタンプツールは、通常のブラシの様にサイズや形を変更することができます。使用する場面や画像の大きさに合わせて調整することが可能です。

ps_cp_s_2_2

 

 

気球を増やす

それではまず、コピースタンプツールの機能を使って写真の中の気球を増やしてみましょう。

コピーしたい部分の上でAlt+クリックします。

ps_cp_s_3

 

次に、複製を作成したい場所の上でドラッグします。

ドラッグしている時は、今どの部分をコピーしているかが「+」で表示されています。

ps_cp_s_4

 

これで、右にあった気球を左に複製することができました。

ps_cp_s_5

 

 

[PR] Webデザインで挫折しない学習方法を動画で公開中

気球を消す

次に、全く同じ方法で気球を消してみましょう。

空の部分でAlt+クリックします。

ps_cp_s_6

 

消したい気球の上でドラッグします。

先ほどの時と同様、今複製している空の部分が「+」で表示されているのがわかります。

ps_cp_s_7

 

気球が消えて、空が見えている状態になりました。

ps_cp_s_8

 

 

他のレイヤーから複製する場合

複製したいものが別レイヤーにあるときは、「サンプル」の項目から指定することができます。

  • 現在のレイヤー以下:選択しているレイヤーと、その下にあるレイヤー全てを複製します
  • すべてのレイヤー:全てのレイヤーの内容を複製します

ps_cp_s_8_1

 

 

 オプションの「調整あり」機能について

コピースタンプツールを使用する際、上のオプション機能にある「調整あり」にチェックが入っているか、そうでないかによって、複数の場所をドラッグした場合の処理が異なります。

ps_cp_s_8_2

 

「調整あり」にチェックが入っている場合

最初にAlt+クリックした場所からの位置関係がすべて記憶されている状態です。

この機能は画面内の大きなオブジェクトを複製する時などに便利です。

ps_cp_s_10

 

「調整あり」にチェックが入っていない場合

どの場所でドラッグしても、一番最初にAlt+クリックした部分から複製されます。

空や海など、細かく修正したい部分を編集するときにブラシのような感覚で使用すると自然な仕上がりになります。

ps_cp_s_9

 

今回の記事は以上です。

 

 

Photoshopをさらに使いこなしたい場合は、Photoshopでグラデーションをつける方法も合わせてご覧ください。

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも1週間でフォトレタッチをマスターできるオンラインPhotoshop講座を開催しています。現役デザイナーに毎日チャットで質問することができます。