Ruby on Railsのifで代入する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRuby on Railsのifで代入する方法について現役エンジニアが解説しています。ifで代入を評価することで、それ以後の処理を実行するという構文を書くことが出来ます。他にも変数値のチェックやインスタンスのチェックをして、結果が真だった場合に処理を行うような書き方を解説します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Ruby on Railsのifで代入する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Ruby講座の内容をもとに紹介しています。
 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Ruby on Railsのifで代入する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

ifとは

英単語のifの意味「もし~なら」のように、ある条件に一致したら処理を実行できます。つまり条件分岐をするために使います。

if 条件式
  処理
end

条件式には、条件分岐のための条件を書きます。条件式が真(true)だったら、処理が実行されます。偽(false)だったら、処理は実行されません。

このように条件式によって処理を分岐するのが、ifの基本的な使い方です。

過去記事のRubyの条件分岐(if文)を使う方法の記事もご覧ください。
 

ifで代入する方法

if文を書いていると、以下のようなコードを書くことがあります。

id = new_id
if id
  register_id(id)
end

idを取得して、そのidに何か含まれていたら処理を実行する、というコードです。

このようなコードがあった時に

if id = new_id
  register_id(id)
end

文法としては、

if 式
  処理
end

と、代入文をifの後に式として直接書くことができます。

この場合、実は暗黙に式がnilでないかどうかをチェックし、もしnilでなければ処理を実行します。
 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

いくつか例がありますので解説します。

  • 変数値のチェック
  • インスタンスのチェック

 

変数値のチェック

result = 0
if val = new_val
  result = val
end
puts result

このようなコードがあった時に、もしvalの中身がnilではなかったらresultにvalを代入します。

valの中身がnil(new_valがnil)なら代入処理は実行されません。
 

インスタンスのチェック

class Calc
  def double(num)
    return num * 2
  end
end

このようなクラス定義のコードがあった時に、

result = 0
if cl = Calc.new()
  result = cl.double(2)
end
puts result

と書けます。

クラスのインスタンスが生成されていたら、そのクラスのメソッドを実行して戻り値を取得します。生成されていなかったら(clがnilだったら)、メソッドは実行されません。
 

まとめ

ifで代入ができると、代入と条件文を2行で書くところを1行にまとめることができます。

ちょっとした使い方で、使う頻度はそれほど高くないですが、使えそうな機会があったらぜひ使ってみましょう。
 

筆者プロフィール

伊藤広明(いとうひろあき)

1990年代からソフトウェア開発を仕事としてはじめ、2000年ごろからWEBエンジニアの仕事にも従事。
世の中で末長く使ってもらえるシステム開発が信条。後進の育成にも力を入れている。

作れるもの:Webシステム、スマホアプリ
書ける言語: Ruby・PHP・Python・Java・Swift・C#・C/C++・JavaScriptなど
経験があるフレームワーク: Laravel・Ruby on Rails・Apache Strutsなど

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Ruby on Railsを使ったプログラミングを習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。