Androidアプリ開発でアクティビティを作成する方法【初心者向け】

Androidアプリ開発で【アクティビティ】を作成する方法を初心者向けに解説した記事です。アクティビティとは、ユーザーが実際に目にするアプリケーション画面のことです。アクティビティを使って画面を切り替える方法も紹介しています。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Androidアプリでは、画面の切り替えといった操作が可能です。そんな操作を実現する「アクティビティ」について初心者向けに解説します。

 

本記事はTechAcademyのAndroidアプリ開発オンラインブートキャンプの内容をもとに解説しています。

 

大石ゆかり

田島メンター!!Android StudioでAndroidアプリのプロジェクトを作ったんですけど、これからどうやってアプリを開発していけばいいですか〜?

田島悠介

まずアクティビティについて理解したほうがいいね。

大石ゆかり

アクティビティですか・・・?

 

アクティビティとは

アクティビティとは、ユーザーが実際に目にするアプリケーション画面のことです。Androidアプリでは、さまざまな画面を用意する場合があります。

 

レイアウトが同じ場合はテキストや画像を書き換えて使用することができますが、レイアウトが大きく変わる場合は、別の画面を用意することになります。

例えば、下の画像のような診断系のアプリを作る場合は、出題のときはアクティビティ1で問題と回答を差し替えながら表示していき、診断結果を表示するときは、アクティビティ2を画面に表示するというように、2つのアクティビティを用意し、途中でアクティビティの切り替えを行います。

001

このように、Androidアプリでは、1つのアプリの中に複数のアクティビティを用意することがあります。

 

 

アクティビティクラスについて

 

アクティビティは、「app」フォルダー内の、パッケージ名のフォルダー内にあります。

 

Android Studioでプロジェクトを作成したときに一緒に作成されるアクティビティのコードは下の図のようになっています。

 

このコードを例に、アクティビティクラスについてご説明します。

「public class MainActivity extends AppCompatActivity」で、「MainActivity」というクラスは、「AppCompatActivityクラス」を継承していることがわかります。

アクティビティは、AppCompatActivityクラスを継承したクラスになっています。AppCompatActivityクラスとは、Androidアプリの画面制御の基本的な機能を提供しているクラスです。

 

また、コードの中に「onCreate()」というメゾットがあります。このメゾットは、アクティビティが起動されたときに呼び出されるメゾットです。

さらに、そのメゾットの中に「setContentView();」というメゾットがあります。これは、画面に表示するビューを設定しています。今回は、「R.layout.activity_main」が設定されています。

このビューとは、テキストボックスやボタンなど、画面に表示するコンテンツを管理しているオブジェクトです。

この記事を読んで基本がわかったら、ご自身でもアクティビティを作成してみてください。

Androidアプリ開発についてさらに学びたい場合は、Androidアプリ開発でログを出力する方法も合わせてご覧ください。

 

大石ゆかり

アクティビティが画面の管理をしているわけですね!

田島悠介

そうだね。クリックしたらどうするとか画面遷移はどうするとかもアクティビティに書いていくから、きちんと理解しておこうね。

大石ゆかり

はい、わかりました!

 

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも最短4週間でオリジナルアプリが作れるAndroidアプリ開発講座(オンラインブートキャンプ)を開催しています。自分でアプリを公開してみたい場合はご参加ください。