PythonでCSVファイルの先頭ラベルをスキップして読み込む方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonでCSVファイルの先頭ラベルをスキップして読み込む方法について現役エンジニアが解説しています。CSVファイルのラベルとは各データの項目名などの部分になります。データや値として読み込む場合に邪魔になりますがnext()メソッドで飛ばすことが出来ます。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

PythonでCSVファイルの先頭ラベルをスキップして読み込む方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

 

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Python講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PythonでCSVファイルの先頭ラベルをスキップして読み込む方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

CSVファイルのラベルとは

CSVファイルのラベルとは各データの項目名の部分になります。

データで取り込むと、1行目にデータ名などが記録されている部分がラベル名で、ヘッダーとも呼ばれます。このラベルはデータを視覚的に確認しやすくする等のメリットがありますが、CSVファイルを取得してデータ処理する際には不要なデータとなります。

今回は、その様な場面でCSVファイルのラベルをスキップして純粋なデータのみ読み込む方法について紹介していきます。
 

CSVファイルの先頭ラベルをスキップして読み込む方法

CSVファイルの先頭ラベルをスキップして読み込む場合は、ファイルを開くopen関数とCSVデータを読み込むreader関数を組み合わせて以下のようなコードを使用します。

f = open('CSVファイルパス', 'r')
reader = csv.reader(f)
header = next(reader)

※reader関数を使用してcsvデータを読み込んだ後に、”header = next(reader)”の部分ででデータ1行目に存在するラベルデータをスキップしています。
 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

それでは、 PythonでCSVファイルの先頭ラベルをスキップして読み込む方法についてサンプルコードを例に実際に書いてみましょう。

サンプルコードで使用しているCSVファイルはこちらからダウンロードできます。

※サンプルコード内の#から始まる部分はコメント部分なのでコードを作成する際は省略しても結構です。
 

サンプルコード

import csv

# CSVファイルを開く
f = open('ファイルパス', 'r')

# CSVデータを読み込む
reader = csv.reader(f)

# ラベルデータをスキップする
header = next(reader)

# for文を使って読み込んだCSVデータを1行ずつ出力する
for row in reader:
  print(row)

# CSVファイルを閉じる
f.close()

 

実行結果

['401', '臼井 敬志', 'ウスイ ケイジ', '男', '315']
['402', '下田 優香', 'シモダ ユウカ', '女', '359']
['403', '花田 仁三郎', 'ハナダ ジンザブロウ', '男', '449']
['404', '丸山 真志', 'マルヤマ マサシ', '男', '385']
['405', '菊池 清名', 'キクチ セイナ', '女', '362']
['406', '吉原 心一', 'ヨシハラ シンイチ', '男', '418']
['407', '原口 隆次', 'ハラグチ タカジ', '男', '491']
['408', '戸田 弘人', 'トダ ヒロト', '男', '217']
['409', '後藤 博男', 'ゴトウ ヒロオ', '男', '480']
['410', '江口 佳江', 'エグチ ヨシエ', '女', '292']
['411', '荒井 豊司', 'アライ トヨシ', '男', '330']
['412', '荒川 一人', 'アラカワ カズト', '男', '274']
['413', '黒木 光善', 'クロキ ミツヨシ', '男', '248']
['414', '根本 真理', 'ネモト マリ', '女', '261']
['415', '三谷 悠里', 'ミタニ ユリ', '女', '455']

 

解説

コード4行目では、open関数を使用してCSVファイルを指定しています。この時のファイルパスは開きたいCSVファイルのファイルパスを入力してください。

コード7行目では、reader関数を使用して開いたCSVファイルのデータを取得しています。

コード10行目では、先ほど取得したCSVデータの1行目”ラベルデータ”をスキップしています。

コード13-14行目では、CSVデータを1行ずつ出力しています。
 

まとめ

今回は、PythonでCSVファイルの先頭ラベルをスキップして読み込む方法について紹介しました。

今回紹介した手法は、CSVファイルを使用したデータ処理では仕様頻度が高いので、しっかりと学習して使えるようにしておきましょう。
 

監修してくれたメンター

菅繕久(すがよしひこ)

現在はフリーランスのエンジニアをしていてプログラミング歴は8年目になります。

普段は Python、FileMaker等を使って様々な業務で活用できるIoTプロダクトRPAツールを作成しています。
開発実績としては、業務自動化ツール(在庫管理・発注・ファイル操作 etc)、電子カルテシステム、ロボット用プログラムなどがあります。
TechAcademyではPythonコースを担当しております。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。