HTMLにおけるメタデータを現役デザイナーが解説【初心者向け】

初心者向けにHTMLにおけるメタデータについて解説しています。メタデータはhead内に記述され、そのhtml文書の情報を定義するのに用いられます。HTML文書の基本構成とヘッダに記述される内容、メタデータの役割と書き方を学びましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

HTMLにおけるメタデータについて、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそも、HTMLの記述方法がわからない場合は、 HTMLの書き方について解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Webデザイン講座のHTMLカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は、HTMLに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

HTMLにおけるメタデータについて詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

HTML文書の基本構成

HTML文書のバージョンについての宣告文の定義から始まりまして、htmlタグの内部に、headタグとbodyタグを含めます。

htmlの基本構成

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
</head>
<body>

</body>
</html>

 

ヘッダーに記述すべき内容

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <title>タイトル</title>
  <meta charset="utf-8">
</head>
<body>

</body>
</html>

必要最低限のヘッダーに記述すべき内容としては、タイトルタグと文字コードを指定するためのメタデータを記述します。

 

[PR] HTML/CSSで挫折しない学習方法を動画で公開中

メタデータについて

HTML文書でのメタデータとは、htmlファイルの付帯情報を定義することです。文字コードや、画面の幅や高さなどに関する設定なども定義できます。下記のサンプルコードでは、Webサイトの概要を説明するための設定と、そのWebサイトのキーワードを定義するための設定を加えています。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <title>タイトル</title>
  <meta charset="utf-8">
  <meta name="description" content="このWebサイトの概要の説明文です">
  <meta name="keywords" content="このWebサイトのキーワード1, このWebサイトのキーワード2">
</head>
<body>

</body>
</html>

 

メタデータを使ってみよう

以下のサンプルコードでは、スマートフォン向けのブラウザにて、画面の縮尺を一律にするための設定を加えています。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <title>タイトル</title>
  <meta charset="utf-8">
  <meta name="description" content="このWebサイトの概要の説明文です">
  <meta name="keywords" content="このWebサイトのキーワード1, このWebサイトのキーワード2">
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">
 
</head>
<body>

</body>
</html>

上記のサンプルコードを使用して、htmlの完成を目指しましょう。

 

監修してくれたメンター

井内洋平

TechAcademyの現役メンター。

元Web Developerで、趣味は貯金、節税対策、投資信託、株式投資、FXなど多岐にわたる。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも、最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。