Pythonのmktimeメソッドの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonのmktimeメソッドの使い方について現役エンジニアが解説しています。mktimeメソッドとはタイムゾーンを考慮したローカル時間を、エポック秒に変換します。timeモジュールのメソッドで、timeモジュールは1970年1月1日0時0分0秒を基準にして時刻を管理します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonのmktimeメソッドの使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

 

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Python講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonのmktimeメソッドの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

timeモジュールとは

timeモジュールは、Pythonで時刻を扱うためのモジュールです。

timeモジュールは、エポック(1970年1月1日 0時0分0秒を起点とした秒数)で、時刻を管理します。

日付や曜日の処理には、datetime, calendarモジュールの方が適している場合があります。状況に応じて適切なモジュールを選択します。
 

mktimeメソッドの使い方

mktimeは、タイムゾーンを考慮したローカル時間を、エポックに変換します。引数はstruct_time型で、time.localtime()などで得られます。

詳細は公式のリファレンスを参照してください。
 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

ソースコード

import time
lt = time.localtime()
ep = time.mktime(lt)
print(ep)

 

実行結果

1583199044.0

 

解説

time.localtime()メソッドで、ローカル時刻のstruct_timeを得ました。
mktime()メソッドで上記をエポックに変換しました。

なお、この秒数はプログラム実行時点の2020年3月3日 10:30頃を示しています。
 

まとめ

この記事ではtime.mktimeメソッドにより、エポックを取得する方法を紹介しました。
 

監修してくれたメンター

橋本紘希(はしもとひろき)

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。