HTML5と各ブラウザの対応状況について現役デザイナーが解説【初心者向け】

初心者向けにHTML5と各ブラウザの対応状況について解説しています。HTML5の基本的なテクノロジーとブラウザごとの対応状況、IEの場合の注意点を説明します。対応状況を随時確認する方法についても覚えておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

HTML5と各ブラウザの対応状況について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそも、HTMLの記述方法がわからない場合は、 HTMLの書き方について解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Webデザイン講座のHTMLカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は、HTMLに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

HTML5と各ブラウザの対応状況について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

HTML5と各ブラウザの対応状況

HTML5とは2014年にW3Cから勧告されたHTMLの新しいバージョン(仕様)のことを言います。

現在ではHTML5&CSS3が標準となっており、特にこれからHTMLのコーディングをしていく場合にはHTML5のバージョンで勉強をすることが必須となります。

HTML5は8つのテクノロジーを持っています。

  • マルチメディア
  • 3D,グラフィック・エフェクト
  • デバイスアクセス
  • セマンティクス
  • オフライン&ストレージ
  • コネクティビティ
  • パフォーマンス
  • CSS

これらのうちのマークアップについてはHTMLとCSSを実装していく上で「各ブラウザでの対応状況」 を確認しながらコディーングしていく必要があります。

 

IE(Internet Explorer)の対応状況についての注意点

HTML5の仕様が各ブラウザへ反映されているかはそれぞれ違いがあります。そもそもIE8以下についてはHTML5に対応していないため、レイアウト等が崩れて表示されてしまいます。

ターゲットユーザーがIEを利用している場合には以前のIEをどこまでサポートしてコーディングする必要があるかを検討しなければなりません。

windows10以降は標準のブラウザにIEが選ばれなくなりました。Edgeが標準ブラウザとなっていますが、IEもEdgeもブラウザのシェア率は低くなってきています。

参照元:https://gs.statcounter.com/browser-version-market-share/all/japan

 

[PR] HTML/CSSで挫折しない学習方法を動画で公開中

各ブラウザの対応状況の確認方法

各ブラウザの対応は「Can I use‥」というサイトで確認をすることが出来ます。
こちらのサイトでは各ブラウザの対応状況を視覚的に確認しやすく、個別の機能について詳細な対応状況を知りたい場合に使用します。また、モバイルブラウザの対応状況を一覧で確認しやすいのが「MobileHTML5」というサイトです。
こちらのサイトは細かい機能ごとの表記ではないため、HTML5の対応状況の概要を知りたい場合に使用します。
 IEについては大きな企業や早い段階でWeb導入をしている企業には旧バージョンを利用している場合もあるため、古いIE環境で確認することも必要となります。WindowsPCでの作業となりますがF12を押し、デベロッパーツールを使用して簡単に確認することが出来ます。
下記の画面では、現在のIE11の環境をIE7にしたところ、yahooニュースの表示が出来なくなりました。
HTML5はマイナーバージョンアップし、HTML5.2もW3Cより勧告されています。
使いやすい変更の他に廃止される変更もあるため、ブラウザの対応状況を確認しながら最新のバージョンの動作環境を確認しておくことが重要となります。

 

監修してくれたメンター

木村勇土

TechAcademyの現役メンター。

現在は行政書士事務所を運営しており、お客様にはプログラマーやフリーランサーも多い。WordPressを中心とした自社のWebサイトの修正などを行なっている。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも、最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。