JavaScriptのapacheの設定方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptのapacheの設定方法について現役エンジニアが解説しています。JavaScriptはブラウザ上で動作するため、基本的にはWebサーバーであるApacheとは関係なく動作します。ただし設定によっては、特定のディレクトリに配置しないと読み込めなくなる場合もあります。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptのapacheの設定方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使って初心者向けに解説します。

JavaScriptについてそもそもよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、JavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptのapacheの設定方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

  1. JavaScriptにおけるapacheとは
  2. apacheの特徴
  3. apache の設定方法とは

 

JavaScriptにおけるapacheとは

JavaScriptはCGIではなくブラウザー側で実行されるため、基本的にどのWEBサーバを利用しても利用知ることが出来ます。ですので、apacheでも普通に使うことが出来ます。

ただし一点注意が必要なのが、JavaScriptを外部ファイルに記載している場合です。その場合は、apacheの設定を間違えるとjsファイルを読み込むことが出来ずにエラーになる場合があります。

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

apacheの特徴

apacheはWEBサーバでとして20年以上の歴史をもち、多く利用されているものとなります。その特徴として下記の様なものがあります。

  • 無償のオープンソース
  • 信頼性が高く20年以上利用されている
  • 拡張性が高く、基本以外の機能も利用可能
  • 色々なOSで利用が可能(Linux、Windows、Mac)

この他にもいくつかありますが、要するに使いやすいWEBサーバーという事です。昨今では、フレームワークとして色々なWEBサーバがありますが、基本中の基本ではありますので一度は学んでおいて損はないかと思います。

apache の設定方法とは

では、apacheでJavaScriptを利用できるようにするための設定を見ていきましょう。設定は色々とあるのですが、ここでは、JavaScriptの利用観点で記載しています。

対象のファイルは「httpd.conf」で、apacheで利用できるタイプを指定します。(下記を追記)

  • AddType text/javascript .js
  • AddType text/css .css ※JavaScriptだけならここは要りませんが、おまけで書いておきます。

なんと、これだけです。当然ながら、「DocumentRoot 」「Directory」の指定する配下にJSファイルを配置する必要がありますので、注意して下さい。

apacheを使って簡単にテストをしてみたければ、「xampp」を利用してみてください。PHP用のフレームワークですがWEBサーバにapacheを利用しているので簡単に確認が出来ます。

筆者プロフィール

小宮山晃史(こみやまこうじ)

現在はOracle系システムの導入コンサルに勤め、仕事でコーディングをする機会は少なくなくなっているが、ライフワークで数多くの言語を勉強中。

iphoneのアプリ開発やWEBサーバの構築など幅広く挑戦しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。