JavaでListから配列へ変換する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaでListから配列へ変換する方法について解説しています。Listから配列へ変換する場合はtoArrayメソッド、配列からListへ変換する場合はasListメソッドを使います。それぞれの書き方を覚えましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaでListから配列へ変換する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Java講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Listから配列へ変換する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

Listから配列へ変換する方法

まずは、Listから配列に変換する方法について解説します。Javaには、Listを配列に変換したい場合に使える便利なメソッドが用意されています。それが「java.util.Collectionクラス」の「toArrayメソッド」というメソッドです。

List型はCollectionクラスでもあるので、メソッドとしてtoArrayメソッドを簡単に使えます。toArrayメソッドの使い方は次のようになっています。

配列にしたList型.toArray(new String[0]);

引数は上記のものでも良いし、

配列にしたList型.toArray(new String[List型.size()]);

としても構いません。

本来は後者のほうが処理の手間としては少ないのですが、基本的にはそこまで時間が変わることはないので、好きな方を使うと良いでしょう。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

配列からListへ変換する方法

続いては、配列をList型に変換する方法を紹介します。Lis型から配列型への変換でメソッドがあったように、配列をList型に変換sする場合にもメソッドが用意されています。

それが、配列に関するメソッドが多く用意されているjava.util.Arraysクラス」の「asListメソッド」というメソッドです。

このメソッドを使えば、

Arrays.asList(配列);

とするだけで配列をList型に変換することができます。ただ、この場合、生成されたList型は要素の削除や追加ができないので、

List<データ型> List型オブジェクト名 = new ArrayList<データ型>(Arrays.asList(配列));

とするとよいでしょう。

(ここで行なっている処理は、asListメソッドで生成されたList型を、ArrayListクラスのインスタンス引数にわたして、同じ内容を持つ別のList型を作るという処理です。)

 

実際に書いてみよう

それでは、配列⇔List型の変換を行なうプログラムを書いて見て、実際に確認してみましょう。

import java.util.ArrayList;
import java.util.ArrayList;
import java.util.List;
import java.util.Arrays;
public class ListArraySample{ 
        public static void main(String[] args){

               //String型を要素に持つList型を生成
               List<String> list1 = new ArrayList<String>();
               list1.add("Japan");
               list1.add("India");
               list1.add("America");

               //toArrayメソッドを用いて、List型をString型の配列に変換
               String[] strArray1 = list1.toArray(new String[0]);

               //表示して確認
               System.out.println(Arrays.toString(strArray1));


               //String型の配列を生成
               String[] strArray2 = {"apple","orange","lemon"};

               //asListメソッドを使ってString型の配列をList型に変換
               List<String> list2 = new ArrayList<String>(Arrays.asList(strArray2));

               //表示して確認
               System.out.println(list2); 

        }
}

これを実行すると、

[Japan, India, America]
[apple, orange, lemon]

と表示されて、ちゃんと配列⇔List型の変換ができていることが確認できると思います。

配列やListの中身を変えてみて、さらに確認してみると良いでしょう。

 

まとめ

この記事でははJavaにおけるList型と配列型を相互に変換する方法について解説しました。こうした変換方法は非常に役に立つので、ぜひ覚えておくと役に立つでしょう。

 

監修してくれたメンター

小倉翔悟 (おぐらしょうご)

AIプログラミングを使って開発を行う大学3年生。プログラミング歴は約3年。Pythonは割と好きな方。JavaもAndroid開発で触れていたりする。

大学では物理学を勉強中。好きな物理理論は一般相対性理論らしい。

意外と動物が好きだったり、、、。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

 

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。