JavaScriptでselectedIndexプロパティを使ってセレクトボックスで選択中のインデックス番号を取得、設定する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptでselectedIndexプロパティを使ってセレクトボックスで選択中のインデックス番号を取得、設定する方法について現役エンジニアが解説しています。selectedIndexプロパティとはHTMLのselectタグの選択結果が入るプロパティです。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptでselectedIndexプロパティを使ってセレクトボックスで選択中のインデックス番号を取得、設定する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使って初心者向けに解説します。

JavaScriptについてそもそもよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、JavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptでselectedIndexプロパティを使ってセレクトボックスで選択中のインデックス番号を取得、設定する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

  1. selectedIndexプロパティとは
  2. selectedIndexプロパティの使い方
  3. セレクトボックスで選択中のインデックス番号を取得する方法
  4. 実際に書いてみよう
  5. まとめ

 

selectedIndexプロパティとは

selectedIndexプロパティとは、HTMLSelectElementインターフェースのプロパティです。HTMLのセレクトボックスのタグであるselectをあつかうのが、JavaScriptのHTMLSelectElementインターフェースになります。

そのプロパティということで、平たく言うとセレクトボックスで選択したものの番号が格納される場所となります。

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

selectedIndexプロパティの使い方

HTMLのselectタグをJavaScriptで取得したら、.selectedIndexと記述することで使えます。

何も選択されていない場合は、-1が格納されています。何かが選択されている場合は、selectタグの中の選択した番号が格納されています。選択の番号は、optionタグの一番上を0として数えます。

セレクトボックスで選択中のインデックス番号を取得する方法

取得は、使い方で説明したようにselectedIndexというプロパティを参照するだけです。実際に使う際は、選択がされた時や何かがクリックされた時などのイベント時に取得することが多いと思います。

実際に書いてみよう

それでは、selectボックスが選択された時にコンソールにせんたくした番号を表示する例を紹介します。

HTMLソース
selectタグに5つの選択肢を用意しました。

JavaScriptからのアクセスを簡単にするためにselectタグにidをselectという名前で設定しています。

<select id="select">
  <option value="">1つ目</option>
  <option value="">2つ目</option>
  <option value="">3つ目</option>
  <option value="">4つ目</option>
  <option value="">5つ目</option>
</select>

JavaScriptソース
getElementByIdでselectタグを取得しています。

onchangeは選択イベントがおきたときに実行される処理を紐付けるもの(イベントハンドラ)です。これで選択するたびに、選択した番号が表示されます。

let select = document.getElementById('select');
select.onchange = () => console.log(select.selectedIndex);

 

まとめ

セレクトボックスの何番目が選択されているかは、処理を作成しなくても取得できます。標準のJavaScriptにselectedIndexというプロパティが存在することを知っていれば、プロパティを参照するだけです。

便利なプロパティはたくさんあるので、処理を作る前にプロパティやメソッドが提供されていないか確認してみてください。

筆者プロフィール

横山茂雄(よこやましげお)

フリーエンジニアとして活動中。サーバーサイドからフロントまで時代の波に合わせてスキルを変化させてきました。

言語、フレームワーク、DB、現場、いずれも転々としながら、筋トレも欠かさない体育会系エンジニアです。TechAcademyジュニアのゲームアプリコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。