HTMLで同じname属性を配列で受け取る方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにHTMLで同じname属性を配列で受け取る方法について解説しています。name属性を使うと各要素に名前を指定することができます。inputタグでのname属性の使い方、配列で受け取る場合の処理の流れを覚えましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

HTMLで同じname属性を配列で受け取る方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

そもそも、HTMLの記述方法がわからない場合は、 HTMLの書き方について解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプWebデザイン講座のHTMLカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は、HTMLに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

同じname属性を配列で受け取る方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

name属性とは

name属性とは、定めた文字列に対して、ユーザーから入力装置に入力された値をサーバーやブラウザに送信するための識別子です。

 

[PR] HTML/CSSで挫折しない学習方法を動画で公開中

inputタグのname属性の使い方

HTML

<form>
  <input type="checkbox" name="A">
</form>

実行結果

See the Pen
2020-04-19-sample01
by YOHEI INAI (@yohei_inai)
on CodePen.

ユーザーから入力を受け付けれる入力装置(inputタグ)を設けても、name属性が設定されていないと、受け取り側のプログラム(主にはPHPプログラム言語)では、値として扱えません。

そのため、name属性にも識別子になる文字列を定めておきましょう。

name属性に識別子が定められていなくても、JavaScriptによる処理を用いて、識別子を付与させることが可能です。

あらかじめname属性に識別子になる文字列が定義されてあるだけで、この処理は不要です。

二度手間を避けるためにも、name属性を定義しておくことが望まれます。

 

配列とは

複数のデータを連続させて処理にかける場合に最も活用できる記録領域です。

主には、数値または文字列を加工するために使用されています。

例えば、同質の10個のデータを格納する場合に、個別の記録領域を用意しますと、10個も用意しなければなりません。

参考として、以下のJavaScriptによるサンプルコードを使用しましょう。

JavaScript

var sample_0 = 0;
var sample_1 = 1;
var sample_2 = 2;
var sample_3 = 3;
var sample_4 = 4;
var sample_5 = 5;
var sample_6 = 6;
var sample_7 = 7;
var sample_8 = 8;
var sample_9 = 9;

実行結果

See the Pen
2020-04-19-sampe02
by YOHEI INAI (@yohei_inai)
on CodePen.

10回も同様の記述をするよりかは、配列を用いて、簡素に扱えるように記述しましょう。

以下、配列を用いて連続させる処理の前段階で整頓します。

JavaScript

var new_array = [0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9];

実行結果

See the Pen
2020-04-19-sample03
by YOHEI INAI (@yohei_inai)
on CodePen.

 

同じname属性を配列で受け取る方法

以下、サンプルコードでは、inputタグに同一のname属性が定義された要素を抽出してから、一括でまとめた後に最初のデータを参照しています。

HTML

<form>
  <input type="radio" name="sample" value="0">
  <input type="radio" name="sample" value="1">
  <input type="radio" name="sample" value="2">
  <input type="radio" name="sample" value="3">
  <input type="radio" name="sample" value="4">
  <input type="radio" name="sample" value="5">
  <input type="radio" name="sample" value="6">
  <input type="radio" name="sample" value="7">
  <input type="radio" name="sample" value="8">
  <input type="radio" name="sample" value="9">
</form>

JavaScript

var sample = document.getElementsByName("sample");
console.log(sample);
console.log(sample[0]);
console.log(sample[0].value);

実行結果

See the Pen
2020-04-19-sample04
by YOHEI INAI (@yohei_inai)
on CodePen.

値の受け渡し方や他のプログラムが求める値が決まっていれば、加工や制御を加える必要があるもののの、上記が基本です。

 

執筆してくれたメンター

井内洋平

TechAcademyの現役メンター。

元Web Developerで、趣味は貯金、節税対策、投資信託、株式投資、FXなど多岐にわたる。

 

大石ゆかり

HTMLで同じname属性を配列で受け取る方法がよく分かったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは初心者でも、最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。