HTMLのdl要素を使って説明リストを作る方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにHTMLのdl要素を使って説明リストを作る方法について解説しています。dl要素は用語の説明を定義するときに使用されます。dl要素と子要素のdtタグ、ddタグの書き方と使い方の例を学びましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

HTMLのdl要素を使って説明リストを作る方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそも、HTMLの記述方法がわからない場合は、 HTMLの書き方について解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Webデザイン講座のHTMLカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は、HTMLに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

dl要素を使って説明リストを作る方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

dl要素について

用語の説明を定義するためのタグです。Definition Listの略語です。dlタグには、子要素として、dtタグとddタグがあります。

用語の見出しにDefinition Teamの略語であるdtタグを使用します。対になる説明文をDefinition Descriptionの略語であるddタグを使用します。

 

[PR] HTML/CSSで挫折しない学習方法を動画で公開中

dl要素の活用場面

辞典や辞書などのように用語と説明文を掲載すべき内容に活用されやすいと思われます。例えば、利用規約や細則などにも使われやすくなっています。

 

dl要素を使って説明リストを作ってみよう

以下、サンプルコードを掲載していますので、タグとしての構造などを確認してみましょう。

HTML

<dl>
  <dt>用語</dt>
  <dd>概要や説明を記述します。</dd>
</dl>

表示結果

See the Pen
2020-04-22-sample01
by YOHEI INAI (@yohei_inai)
on CodePen.

dlタグの子要素としては、おもにdtタグおよびddタグしか文法として使用できません。HTML5以前は、dtタグとddタグがそれぞれが個数として対になり、数量として1対1の関係でなければなりませんでしたが、HTML5からは、数量の制約はなくなり、どちらも一個以上であっても文法として成立します。

複数のddタグを使用する場合

<dl>
  <dt>用語</dt>
  <dd>概要を記述します。</dd>
  <dd>説明を記述します。</dd>
</dl>

表示結果

See the Pen
2020-04-22-sample02
by YOHEI INAI (@yohei_inai)
on CodePen.

複数のdtタグを使用する場合

<dl>
  <dt>用語</dt>
  <dt>同義語</dt>
  <dd>解説を記述します。</dd>
</dl>

表示結果

See the Pen
2020-04-22-sample03
by YOHEI INAI (@yohei_inai)
on CodePen.

 

複数のdtタグとddタグを使用する場合

<dl>
  <dt>奇数</dt>
  <dd>1</dd>
  <dt>偶数</dt>
  <dd>2</dd>
</dl>

表示結果

See the Pen
2020-04-22-sample04
by YOHEI INAI (@yohei_inai)
on CodePen.

 

監修してくれたメンター

井内洋平

TechAcademyの現役メンター。

元Web Developerで、趣味は貯金、節税対策、投資信託、株式投資、FXなど多岐にわたる。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも、最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。