PythonのNaNについて現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonのNaNについて現役エンジニアが解説しています。NaNとは欠損値のことで、Pythonでは数値ではない浮動小数点を表す値です。NaNかどうか判定するにはnumpy.isnan()関数やmath.isnan()関数を使用します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

PythonのNaNについて、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

 

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Python講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PythonのNaNについて詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

  1. NaNとは
  2. NaNかどうかを判定する方法
  3. 実際に書いてみよう
  4. まとめ

 

NaNとは

Pythonで表形式のような行列データを読み込む際に多く利用されているのがPandasのDataFrameです。

データは常に完全であるとは限りません。例えば身長が入るべき列に値が入っていないようなこともあります。このように値が欠けている状態を「欠損値」と呼びます。DataFrameで浮動小数点が入るべき場所に値が入っていない状態を表すのが NaN です。NaNとは「数値ではない浮動小数点を表す値」です。

公式サイトには以下のように記されています。

numpy.nan

IEEE 754 floating point representation of Not a Number (NaN).
 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

NaNかどうかを判定する方法

NaNかどうか判定するにはnumpy.isnan()関数やmath.isnan()関数を使用します。

NaN同士の値の比較も可能です。

numpy.isnan(値)
math.isnan(値)

 

実際に書いてみよう

具体的に確認してみましょう。以下のCSVファイルを用意します。

height.csv

name,height
Ahmad,175.2
Eli,
Kobe,180.8

Pandasのread_csv関数でCSVファイルをDataFrameに読み込んでみましょう。

import pandas as pd
import numpy as np

df = pd.read_csv('height.csv')
print(df)

実行結果は以下のとおりです。Eliの身長(height)に値が入っていなかったため欠損値「NaN」となっています。

  name height
0 Ahmad 175.2
1 Eli NaN
2 Kobe 180.8

numpyのisnan()関数でNaNかどうか判定を行ってみましょう。

for idx in df.index:
  print(np.isnan(df.loc[idx, 'height']))

実行結果は以下のとおりです。2行目がNaNと判定されてTrueが表示されています。

False
True
False

 

まとめ

今回の記事ではPythonのNaNについて学習しました。
 

監修してくれたメンター

太田和樹(おおたかずき)

ITベンチャー企業のPM兼エンジニア。

普段は主に、Web系アプリケーション開発のプロジェクトマネージャーとプログラミング講師を行っている。守備範囲はフロントエンド、モバイル、サーバサイド、データサイエンティストと幅広い。その幅広い知見を生かして、複数の領域を組み合わせた新しい提案をするのが得意。

開発実績:画像認識技術を活用した駐車場混雑状況把握(実証実験)、音声認識を活用したヘルプデスク支援システム、Pepperを遠隔操作するアプリの開発、大規模基幹系システムの開発・導入マネジメント。

地方在住。仕事のほとんどをリモートオフィスで行う。通勤で消耗する代わりに趣味のDIYや家庭菜園、家族との時間を楽しんでいる。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。