PHPで連想配列を初期化する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPHPで連想配列を初期化する方法について現役エンジニアが解説しています。連想配列とは、キーと値がペアになるデータ構造をもった配列のことです。連想配列を初期化するにはarray関数を使う方法と、短縮構文(リテラル形式)の[]を使う方法があります。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

今回は、PHPで連想配列を初期化する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

PHPについてそもそもよく分からないという方は、PHPとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、PHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPで連想配列を初期化する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 
この記事は、連想配列の基礎について記載した記事です。

連想配列についてよく分からない方や、通常の配列との違いなどを知りたい人はぜひ読んでみてください。
 

目次

  1. 連想配列とは
  2. 連想配列を初期化する方法
  3. 実際に書いてみよう
  4. まとめ

 

連想配列とは

連想配列とは、キーと値がペアになるデータ構造をもった配列のことです。

通常の配列は、それぞれのデータが入った箱が連なり、それぞれの箱に添字(インデックス)振られた形のデータ構造になっています。

通常の配列:

<?php
$array = ["りんご", "みかん", "ぶどう"];
print_r($array);
?>

 
実行結果:

Array
(
    [0] => りんご
    [1] => みかん
    [2] => ぶどう
)

 

したがって、配列の中のデータを取り出す時は、0番を指定して、データ”りんご”を取り出したり、2番を指定してデータ”ぶどう”を取り出します。

対して、連想配列は、キーと値がセットになっているので、キーを指定することで、値を取り出すことができます。

連想配列:

<?php
$array = ["apple" => "りんご", "orange" => "みかん", "grape" => "ぶどう"];
print_r($array);
?>

 
実行結果:

Array
(
    [apple] => りんご
    [orange] => みかん
    [grape] => ぶどう
)

 
連想配列は、”キー” => “値”の形でデータを保管します。

データを取り出す時は、キー”apple”を指定することでデータ”りんご”を取得でき、キー”grape”を指定すると”ぶどう”を取得できます。
 

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

連想配列を初期化する方法

PHPの連想配列を初期化する方法は2つあります。

1つ目が、array関数を使用する方法。

2つ目が、短縮構文の「[]」を使用する方法です。

まずは、array関数を使用して、連想配列を初期化する方法について見ていきましょう。

array関数に引数として、「”キー” => “値”」の形で渡すことで、連想配列を作成して返却します。

連想配列の初期化(array関数):

<?php
$array = array("apple" => "りんご", "orange" => "みかん", "grape" => "ぶどう");

 

次に、短縮構文の「[]」を使用して、連想配列を初期化する方法です。

この方法は、PHPのバージョン5.4からの機能なので、それ以前のバージョンでは使用できないので注意してください。

連想配列の初期化( [] ):

<?php
$array = ["apple" => "りんご", "orange" => "みかん", "grape" => "ぶどう"];

 

基本的にarray関数を使った方法と似ていて、[]の中に「”キー” => “値”」の形でデータを格納していきます。

「,」を記載してから次のデータを格納してください。

 

実際に書いてみよう

それでは、連想配列を初期化して値を取り出す例を見ていきましょう。
 

サンプルコード

<?php
$array = [];
$array["apple"] = "りんご";
$array["orange"] = "みかん";
$array["grape"] = "ぶどう";

echo $array["apple"]."\n";
echo $array["orange"]."\n";
echo $array["grape"]."\n";
print_r($array);
?>

 

実行結果:

りんご
みかん
ぶどう
Array
(
    [apple] => りんご
    [orange] => みかん
    [grape] => ぶどう
)

 
上記の通り、「$array = [];」で空の配列で初期化してから、「$array[“キー”] = “値”」で値を格納できます。

また、取り出す時も、「$array[“キー”]」とキー名を指定することで値を取り出せることが確認できると思います。
 

まとめ

今回は、連想配列の初期化やデータの出し入れについて学習しました。

連想配列は、様々なプログラミング言語で使用するデータ構造で、PHPでの開発でも重要な項目なので、しっかりマスターして実際の開発に役立てましょう。
 

筆者プロフィール

平野大輝(ひらのだいき)

スキル:PHP・Java・JavaScriptを用いて様々なアプリを開発するWebエンジニア。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。