Photoshopで文字をクレヨン風に加工する方法【初心者向け】

Photoshopで文字を【クレヨン風】に加工する方法を初心者向けに解説した記事です。今回は、選択範囲作成機能とブラシツールを使用した方法を紹介します。画像を18枚使っているので、記事を読んで試してみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

Photoshopでは文字を簡単に加工することができます。そのうち今回は、選択範囲作成機能とブラシツールを使用して、画像や文字をクレヨン風に加工する方法をご紹介します。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインPhotoshop講座のカリキュラムをもとに執筆しています。

(※今回の作業はすべてAdobe PhotoShop CCのバージョンで行っています)

 

20160620

 

田島メンター!!画像内に文字を入れたいんですが、ただ文字を付けるだけじゃなくてクレヨンとかで描いたような感じにしたいんです。

 

20163020-2

 

色々方法があるけれど、今回は選択範囲とブラシツールを使ってみよう。

 

20160620

 

文字から選択範囲が作れるんですか~?

 

20163020-2

 

簡単な手順で、文字の形そのままの範囲を作成できるよ。まずはそこからやってみよう。

 

事前準備

まず、テキストツールを使用して文字を入力します。このファイルでは、白で塗りつぶしたレイヤーの上にテキストのレイヤーを作成しています。

ps_cray_1

 

選択範囲を作成する

クレヨン風に加工する場所を、選択範囲で指定します。

 

自動選択を使う場合

テキストを入力したレイヤーを右クリックし、「テキストをラスタライズ」を選択します。

ps_cray_2

 

次に左のツールから選択範囲アイコンを右クリックし、「自動選択ツール」を選びます。

ps_cray_3

 

上のオプション内の「隣接」にチェックが入っている場合は外します。

ps_cray_4

 

ここでキャンバス上の、文字以外の適当な場所でクリックします。

ps_cray_5

 

文字以外の全ての部分が選択されました。

ps_cray_6

 

「選択範囲」から「選択範囲を反転」を選びます。

ps_cray_7

 

これで、文字の部分だけが選択された状態になりました。

ps_cray_8

 

文字レイヤーの上に加工用のレイヤーを新規に作成し、それを選択した状態にします。先ほど文字を入力し、ラスタライズしたレイヤーは非表示にします。

ps_cray_8_2

 

このような状態になります。

ps_cray_9

 

作業用パスを使う場合

テキストを入力したレイヤー(この方法ではラスタライズしません)を右クリックし、「作業用パスを作成」を選択します。

ps_cray_9_2

 

「パス」のタブを選択し、「作業用パス」レイヤーを右クリックして「選択範囲を作成」を選びます。

さらに「レイヤー」タブをクリックするとレイヤーの画面に戻ります。その後は自動選択を使った時と同様に、文字のレイヤーを非表示にして新規レイヤーを作成してください。

(この方法の場合、後からテキストを編集して選択範囲を作成し直すことができます)

ps_cray_9_3

 

20163020-2

 

作業用パスを使うとテキストをラスタライズする必要がない上にあとから編集できるので、こっちの方が便利かもしれないね。

 

20160620

 

文字の部分だけ、いい感じに選択できました!

 

20163020-2

 

それではブラシツールを使って実際に塗りつぶしていってみよう。

 

 

[PR] Webデザインで挫折しない学習方法を動画で公開中

選択範囲内をクレヨン風に加工

作成された範囲内で作業していきます。左のメニューから「ブラシツール」を選択します。

ps_cray_10

 

ブラシの種類から「チョーク」を選択します。

ps_cray_10_2

 

文字の形に作成された選択範囲の中をドラッグして塗っていきます。あまり塗りつぶしすぎないようにすると、クレヨン風に仕上がります。

ps_cray_11

塗りつぶしが終了したら「選択範囲」→「選択を解除」をクリックして完成です。

ps_cray_12

なお、先ほど白一色にしていた下のレイヤーを写真にした場合はこの画像のようになります。このように、完全に塗りつぶされていない透明の部分には背景の状態が適用されています。

ps_cray_13

 

また、画像からでも同様の手順で選択範囲を作成し、クレヨン風に加工することも可能です。

ps_cray_14

 

今回の記事は以上です。

ぜひ自分でも試してみてください。

 

20163020-2

 

ブラシツールを使うときは、あまり全部塗りつぶしきってしまわない方が雰囲気が出ていいと思うよ。

 

20160620

 

文字だけでなく、図形などにも応用できていいですね。

 

20163020-2

 

シェイプや文字とブラシツールを組み合わせるだけでも、こんな風に手描きのイラスト風画像を簡単に作ることができるので色々試してみよう。

 

20160620

 

分かりました。ありがとうございます!

 

さらにPhotoshopを使いこなしたい場合は、Photoshopで写真をモノクロにする方法も合わせてご覧ください。

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも1週間でフォトレタッチをマスターできるオンラインPhotoshop講座を開催しています。現役デザイナーに毎日チャットで質問することができます。