PHPで連想配列のキーを変更する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPHPで連想配列のキーを変更する方法について現役エンジニアが解説しています。連想配列とは、キーと値がペアになるデータ構造をもった配列のことです。連想配列のキーを変更するにはarray_values関数やarray_combine関数を使い新しく連想配列を作成する方法があります。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

今回は、PHPで連想配列のキーを変更する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

PHPについてそもそもよく分からないという方は、PHPとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、PHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPで連想配列のキーを変更する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 
この記事は、連想配列のキーを変更する方法について記載した記事です。

連想配列の操作は、実際の開発現場でもよく使用するので、ぜひこの記事をよんでマスターしてください。
 

目次

  1. 連想配列とは
  2. 連想配列のキーを変更する方法
  3. 実際に書いてみよう
  4. まとめ

 

連想配列とは

連想配列とは、キーと値がペアになるデータ構造をもった配列のことです。

通常の配列は、それぞれのデータが入った箱が連なり、それぞれの箱に添字(インデックス)振られた形のデータ構造になっています。

通常の配列:

<?php
$array = ["りんご", "みかん", "ぶどう"];
print_r($array);
?>

実行結果:

Array
(
    [0] => りんご
    [1] => みかん
    [2] => ぶどう
)

したがって、配列の中のデータを取り出す時は、0番を指定して、データ”りんご”を取り出したり、2番を指定してデータ”ぶどう”を取り出します。

対して、連想配列は、キーと値がセットになっているので、キーを指定することで、値を取り出すことができます。

連想配列:

<?php
$array = ["apple" => "りんご", "orange" => "みかん", "grape" => "ぶどう"];
print_r($array);
?>

実行結果:

Array
(
    [apple] => りんご
    [orange] => みかん
    [grape] => ぶどう
)

連想配列は、”キー” => “値”の形でデータを保管します。

データを取り出す時は、キー”apple”を指定することでデータ”りんご”を取得でき、キー”grape”を指定すると”ぶどう”を取得できます。
 

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

連想配列のキーを変更する方法

PHPで連想配列のキーを変更する方法は色々とありますが、今回はarray_values関数とarray_combine関数を使用する方法をご紹介します。

 

array_values関数

PHPのarray_values関数は、配列の値だけを抽出する関数です。

この関数を使用して、もとの連想配列から値だけを抽出します。

array_values使用方法:

array_values($配列)

 

array_values関数に引数で連想配列を渡すと、値だけを抽出し、配列で返却してくれます。

まずは、値だけを抽出し、新しいキー名をつける準備をします。

サンプルコード:

<?php
$fruits = ["apple" => "りんご", "lemon" => "れもん", "melon" => "メロン"];
$array = array_values($fruits);
print_r($array);
?>

 

実行結果:

Array
(
    [0] => りんご
    [1] => れもん
    [2] => メロン
)

 

array_combine関数

PHPのarray_combine関数は、第一引数に渡した配列の値を「キー」として、第二引数に渡した配列の値を「値」にして、連想配列を作成する関数です。

第一引数に新しいキー名を値に持つ配列を渡し、第二引数にarray_values関数で抽出した値を持つ配列を渡すことで、「連想配列のキーの変更」が完了します。

array_combine使用方法

array_combine($キー名を含む配列, $値を含む配列)

上記のように引数を渡すと、キー名と値をマッピングして連想配列を返却します。

サンプルコード:

<?php
$keys = ["red", "yellow", "green"];
$values = ["りんご", "れもん", "メロン"];
$array = array_combine($keys, $values);

print_r($array);
?>

 

実行結果:

Array
(
    [red] => りんご
    [yellow] => れもん
    [green] => メロン
)

 

実際に書いてみよう

それでは、実際にarray_values関数とarray_combine関数を使用して、連想配列のキーを変更する例を見ていきましょう。

サンプルコード:

<?php
// 最初の連想配列
$fruits = ["apple" => "りんご", "lemon" => "れもん", "melon" => "メロン"];
print_r($fruits);

// 値の抽出
$values = array_values($fruits);

// 新しいキー名を持つ配列
$keys = ["red", "yellow", "green"];

// キーと値のマッピング(連想配列のキーを変更完了)
$array = array_combine($keys, $values);

print_r($array);
?>

実行結果:

Array
(
    [apple] => りんご
    [lemon] => れもん
    [melon] => メロン
)
Array
(
    [red] => りんご
    [yellow] => れもん
    [green] => メロン
)

 

実行結果の上のArrayが最初に作成した連想配列で、下のArrayがキーを変更した連想配列です。

キーが変更されていることが確認できると思います。
 

まとめ

今回は、連想配列のキーの変更について学習しました。

連想配列は、様々なプログラミング言語で使用するデータ構造で、PHPでの開発でも重要な項目なので、しっかりマスターして実際の開発に役立てましょう。
 

筆者プロフィール

平野大輝(ひらのだいき)

スキル:PHP・Java・JavaScriptを用いて様々なアプリを開発するWebエンジニア。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。