JavaのStringUtilsクラスの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaのStringUtilsクラスの使い方について解説しています。文字列を扱うStringUtilsクラスの特徴、主なメソッドとそれぞれの機能、StringUtilsクラスの使用例を見ていきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaのStringUtilsクラスの使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Java講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

StringUtilsクラスの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

StringUtilsクラスとは

StringUtilsクラスとは文字列を扱う時に便利なメソッドやメンバ変数が集まっているクラスです。

StringUtilsクラスは「Apatch Commons Lang」ライブラリの中に存在しているため使用するためには予めライブラリをダウンロードしてプロジェクトの中に格納しておく必要があります。

ライブラリに関しては以下のサイトからインストールすることが可能です。

http://commons.apache.org/proper/commons-lang/download_lang.cgi

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

StringUtilsクラスの使い方

StringUtilesクラスを使うには以下のようにインポート文を記述する必要があります。

 

import org.apache.commons.lang3.StringUtils;

 

StringUtilsクラスに実装されているメソッドやメンバ変数は静的なメソッドや変数であるためインスタンスを作成する必要はありません。

 

StringUtilsクラスの主なメソッド

StringUtilsクラスに実装されている主なメソッドについて紹介します

 

文字列が空白か空かnullかを調べるメソッド

文字列が空白なのか、空なのか、nullなのかを調べるためのメソッドとしてisBlankメソッドやisEmptyメソッドが存在します。

2つとも空文字やnullの場合、trueを返します。空白の場合、isBlankメソッドはtrueを、isEmptyメソッドはfalseを返すため使い分けに注意が必要です。

使い方は以下の通りです。

StringUtils.isEmpty(文字列);
StringUtils.isBlank(文字列);

 

文字列の中に特定の文字が含まれるかどうかを調べるメソッド

ある文字列の中に特定の文字列が含まれるかどうかを調べるメソッドとしてindexOfメソッドやcontainsメソッドが存在します。2つのメソッドの違いはindexOfメソッドは含まれている場合は含まれている文字の位置をint型で戻します。含まれていない場合は-1を戻します。

対してcontainsメソッドは含まれている場合はtrueを、含まれていない場合はfalseを返します。

使い方は以下の通りです。

StringUtils.indexOf(文字列, 検索文字列);
StringUtils.contains(文字列, 検索文字列);

 

指定した文字を削除するためのメソッド

文字列から指定した文字を削除するためのメソッドとしてremoveメソッドが存在しています。removeメソッドは戻り値として削除したあとの文字列を返します。

使い方は以下の通りです。

StringUtils.remove(文字列, 削除文字列);

 

文字列を特定の文字で分割するためのメソッド

文字列を指定した文字で分割するためのメソッドとしてsplitメソッドが存在しています。splitメソッドは戻り値として分割した文字列が入った配列を返します。

またsplitメソッドの第1引数には分割される文字列を、第2引数には分割するための文字列を設定します。第2引数を設定しない場合は空文字で分割します

使い方は以下の通りです。

StringUtils.split(文字列, 分割文字列);

 

文字列を結合するためのメソッド

文字列と文字列を結合するためのメソッドとしてjoinメソッドが存在しています。joinメソッドは戻り値として結合文字列を返します。

使い方は以下の通りです。

StringUtils.join(結合したい文字列が入った配列);

 

これ以外にもいろいろなメソッドが実装されています。詳しくは以下のページから確認することができます。

https://commons.apache.org/proper/commons-lang/apidocs/org/apache/commons/lang3/StringUtils.html

 

StringUtilsクラスの使用例

ではStringUtilsクラスの使用例を実際のソースと共に紹介します。

 

プログラムソースコード

import java.util.Arrays;
import org.apache.commons.lang3.StringUtils;

public class SampleClass {
  public static void main(String[] args) {
    System.out.println(StringUtils.isEmpty(" ")); // false
    System.out.println(StringUtils.isBlank(" ")); // true
    System.out.println(StringUtils.indexOf("123456", "23")); // 1
    System.out.println(StringUtils.contains("123456", "23")); // true
    System.out.println(StringUtils.remove("123456", "23")); // 1456
    System.out.println(Arrays.asList(StringUtils.split("123456", "23"))); // ["1", "456"]
    System.out.println(StringUtils.join(new String[] {"こん", "にち", "は"})); // こんにちは
  }
}

 

実行結果

false
true
1
true
1456
[1, 456]
こんにちは

 

まとめ

この記事ではStringUtilsクラスの使い方について解説しました。今回紹介したメソッド以外にも非常に便利なメソッドが存在しています。ぜひ使い方をマスターしていきましょう。

 

監修してくれたメンター

メンターSさん

システムエンジニアとしてこれまで行政システムや医療用システムの保守、開発に携わりました。

JavaやPython、PHP、Kotlinなど様々な言語での開発経験があります。

TechAcademyではJavaコース、Pythonコース、AIコースなど7コースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

 

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。