JavaのScannerクラスを利用して入力値をchar型で受け取る方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaのScannerクラスを利用して入力値をchar型で受け取る方法について解説しています。ここではnextメソッドとcharAtメソッドを使った方法について説明します。処理の流れと実際の書き方を学習しましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaのScannerクラスを利用して入力値をchar型で受け取る方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Java講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Scannerクラスを利用して入力値をchar型で受け取る方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

Scannerクラスとは

Scannerクラスとはjava.utilパッケージの中に存在するクラスで入力値を取得する時に使います。取得した入力値の情報を利用する時や対話型のプログラムを作成する際に利用します。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

入力値をchar型で受け取る方法

ScannerクラスにはnextメソッドやnextLineメソッドのような入力した文字列を返すメソッドや、nextIntメソッドやnextBooleanメソッドのような基本データ型の入力値を受け取るメソッドは存在していますがnextCharメソッドといったchar型の値を返すメソッドは存在していません。

では入力値をchar型で受け取るにはどのような方法を使えば良いのでしょうか?文字列を返してくれるnextメソッドからcharAtメソッドを呼び出して取得したいchar型の位置を指定する方法で取得します。

記述の仕方は以下のようになります。

 

import java.util.Scanner;

Scanner 変数 = new Scanner(System.in);
char char型の値 = 変数.next().charAt(取得したい位置);

 

nextメソッドで一旦文字列として取得した後にcharAtメソッドを使うことでchar型で入力値を取得することができます。

 

実際に書いてみよう

では実際に入力値をchar型で取得するソースを記述してみましょう。

 

プログラムソースコード

import java.util.Scanner;

public class SampleClass {
  public static void main(String[] args) {
    Scanner scanner = new Scanner(System.in);
    char c = scanner.next().charAt(0);
    System.out.println(c);
  }
}

入力値が例えば「abcde」だった場合、char型の値として「a」を返します。取得したい場所を変えたい場合はcharAtメソッドの引数の値を変えること対応可能ですが存在していない場合はエラーが発生するため注意が必要です。

 

まとめ

この記事ではJavaのScannerクラスを利用して入力値をchar型で受け取る方法について解説しました。現状Scannerクラスにはchar型の値を直接返すメソッドは存在していないためnextメソッドとcharAtメソッドを組み合わせることで返すことができます。

 

監修してくれたメンター

メンターSさん

システムエンジニアとしてこれまで行政システムや医療用システムの保守、開発に携わりました。

JavaやPython、PHP、Kotlinなど様々な言語での開発経験があります。

TechAcademyではJavaコース、Pythonコース、AIコースなど7コースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

 

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。