Photoshopで写真の背景をぼかす方法【初心者向け】

Photoshop(フォトショップ)で写真の背景をぼかす方法を初心者向けに解説した記事です。ぼかす加工を使うには、選択範囲機能とフィルター機能の理解が必要です。画像を15枚使って丁寧に解説しているので、初心者でも安心!

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

Photoshopを使うと簡単に写真の加工が可能ですが、写真の背景をぼかすこともできます。

今回は、選択範囲機能とフィルター機能を使って、対象物以外の背景部分だけをぼかす方法を紹介します。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインPhotoshop講座のカリキュラムをもとに執筆しています。

(※今回の作業はすべてAdobe PhotoShop CCのバージョンで行っています)

 

20160620

 

写真の背景だけをぼかして人物はそのままはっきりと表示させたいんですが、そういうことは可能ですか~?

 

20163020-2

 

そういうときは選択範囲とぼかしの機能を合わせて使うといいよ。

 

20160620

 

選択範囲を使って、人物の部分だけをぼかさないようにする感じですか?

 

20163020-2

 

そうだね。ただそれだけだとちょっと不自然になる場合も出てくるので、そういうときにどうしたらいいのかも見てみよう。

 

Photoshopで写真の背景をぼかす

今回はサンプルとしてこの画像を使用します。

ps_haikeib_1

 

左のメニューから選択ツールアイコンを右クリックし、「クイック選択ツール」を選んでください。

ps_haikeib_2

 

ぼかし効果をかけない部分(今回は人物の部分)をドラッグして選択していきます。Alt+ドラッグで選択範囲を消去、Shift+ドラッグで選択範囲を複数作成することができます。

ps_haikeib_3

 

人物の部分が選択されました。

ps_haikeib_4

 

「選択範囲」→「選択範囲を反転」を選びます。

ps_haikeib_5

 

これで人物以外の、背景の部分が選択された状態になりました。

ps_haikeib_6

 

そのままの状態で「フィルター」から「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」を選択します。

ps_haikeib_7

 

ここでプレビューを見ながら調整します。「半径」の数値が大きいほどぼかしが強くなります。

ウィンドウ内のプレビュー画面はドラッグで表示場所を移動できるほか、下の「+」と「-」で拡大縮小することもできます。また、ウィンドウの後ろの実際のキャンバスにもプレビューは反映されています。

ps_haikeib_8

 

「選択範囲」から「選択を解除」をクリックして完成です。

ps_haikeib_9

 

これで人物の部分以外にぼかし効果が反映された状態になりました。

ps_haikeib_10

 

 

写真の背景をぼかす仕上げ

ここまで紹介した方法の場合、ぼかしの強度を上げるとこのように処理されます。境界の部分を見ると、髪の毛などの色が背景に反映されているのがわかると思います。

ps_haikeib_11

 

20163020-2

 

さっきの手順でぼかし強度をだいぶ上げた状態だとこうなる。

 

20160620

 

人物の輪郭の部分までぼやけてしまって、半分背景に溶け込んだ感じになってしまってますね。

 

20163020-2

 

これを回避するために、先ほどとは違うぼかし機能を使ってみよう。

 

あえてこのように表現する場合はOKですが、完全に対象の部分だけをはっきりとさせたい場合は別の方法を使います。

先ほどと同じように選択範囲を作成したあと「フィルター」から「ぼかし」を選び、次は「ぼかし(レンズ)」をクリックします。

ps_haikeib_12

 

ぼかし(レンズ)の調整ウィンドウが開きます。「半径」の数字を大きくするとぼかしが強くなります。

ps_haikeib_13

 

この写真が、ぼかし(レンズ)で処理した状態です。先ほどと違って、ぼかした背景の境界線部分に人物の色が反映されてないのがわかるでしょう。

ps_haikeib_14

 

左がぼかし(ガウス)を使った場合、右がぼかし(レンズ)を使った場合です。状況によって使い分けると便利です。

ps_haikeib_15

 

今回の記事は以上です。

 

20163020-2

 

ふたつの画像を比べるとどんな感じかな?

 

20160620

 

右の方は、まさに私のやりたかったことですね!

 

20163020-2

 

人物や対象の切り抜きには今回自動選択ツールを使ったけれど、画像の色合いやコントラストがはっきりしない場合はペンツールなどを使った範囲作成をしてみよう。

 

20160620

 

はい!背景と人物の写っている写真でいくつか練習してみます!

 

さらにPhotoshopを使いこなしたい場合は、Photoshopで逆光の写真を補正をする方法も合わせてご覧ください。

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも1週間でフォトレタッチをマスターできるオンラインPhotoshop講座を開催しています。現役デザイナーに毎日チャットで質問することができます。