Ruby on Railsでdefを使う方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRuby on Railsでdefを使う方法について現役エンジニアが解説しています。defとは、メソッドを定義するための記述です。Ruby on Railsでdefを使い関数を定義する方法や引数がある場合、無い場合の、複数の場合の書き方について解説します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Ruby on Railsでdefを使う方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Ruby講座の内容をもとに紹介しています。
 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Ruby on Railsでdefを使う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

  1. Ruby on Railsのdefとは
  2. defを使う方法
  3. 実際に書いてみよう
  4. まとめ

 

Ruby on Railsのdefとは

defとは、メソッドを定義するための記述です。

メソッドは、何度も使うような処理をまとめるための仕組みです。その定義の最初に使う記述がdefです。

Ruby on Railsでプログラミングする上で、避けて通れない重要な記述です。しっかり覚えておきましょう。
 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

defを使う方法

defは、

def メソッド名(引数1, 引数2, ...)
 (メソッドの処理)
end

と書きます。defの後にメソッド名を指定します。メソッド名は、小文字で作るのが一般的なルールです。必要であればメソッドの引数も定義します。引数の個数はいくつでも指定できます。

次にメソッドで行いたい処理を書きます。処理は、字下げ(インデント)して記述するのがルールです。処理の中では、引数を利用することができます。処理を記述したら、最後にendを書きます。defから始まり、endまでがメソッドの定義となります。
 

実際に書いてみよう

引数なしの場合

引数なしの場合は、

def hello
  puts 'こんにちは'
end

と書きます。helloという名前のメソッドを定義したことになります。このhelloメソッドを呼び出すときには、メソッドの外で、

hello

あるいは

hello()

と書きます。引数がない場合は、メソッド名の後は何もなし、あるいは()と書きます。
 

引数ありの場合

引数ありの場合は、

def hello(person)
  puts 'こんにちは' + person + 'さん'
end

と書きます。この例もhelloという名前のメソッドを定義したことになります。メソッド名に続いて、括弧内に引数を格納する変数を指定します。

変数名は自由ですが、中身がわかりやすい名前をつけます。この例では、人の名前を想定しているのでpersonという変数名を指定しています。この例では引数が1つの例です。複数の引数を指定することもできます。

このhelloメソッドを呼び出すときには、メソッドの外で、

hello('山田太郎')

と書きます。引数がある場合は、引数を括弧の中に指定します。この例では引数は1つなので1つの文字列データを指定しています。
 

引数が複数の場合

メソッドの引数が2つ以上の場合は、カンマで繋げて指定します。引数が2つの場合は、
 

def hello(firstname, lastname)
 puts 'こんにちは' + firstname + lastname + 'さん'
end

と書きます。このhelloメソッドを呼び出すときは、

hello('山田', '太郎')

と書きます。引数をカンマで区切って指定します。
 

まとめ

defを使うと、メソッドが定義できます。

Ruby on Railsには無くてはならないものですので、自然に使えるようにしましょう。
 

筆者プロフィール

伊藤広明(いとうひろあき)

1990年代からソフトウェア開発を仕事としてはじめ、2000年ごろからWEBエンジニアの仕事にも従事。
世の中で末長く使ってもらえるシステム開発が信条。後進の育成にも力を入れている。

作れるもの:Webシステム、スマホアプリ
書ける言語: Ruby・PHP・Python・Java・Swift・C#・C/C++・JavaScriptなど
経験があるフレームワーク: Laravel・Ruby on Rails・Apache Strutsなど

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 
TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Ruby on Railsを使ったプログラミングを習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。