W3 Total Cacheの使い方ーWordPressプラグイン【初心者向け】

WordPressのページの表示速度を改善できる【W3 Total Cache】の使い方を初心者向けに解説した記事です。このプラグインを使うと、キャッシュやサーバーの設定を簡単に行うことができるようになります。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

WordPressのプラグインの使い方を初心者向けに紹介する記事です。

今回は、WordPressのページ表示速度を高速化できるプラグインの1つである、W3 Total Cacheの使い方を紹介します。

 

なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

大石ゆかり

田島メンター!!WordPressのサイトの表示が遅くて困っているんですけど、どうしたらいいですか〜?

田島悠介

表示が遅いなら、キャッシュ化した方がいいね。

大石ゆかり

キャッシュ化ですか?どうやったらできるんですか?

田島悠介

「W3 Total Cache」っていうプラグインを入れるとできるんだけど。ちょっと複雑だから使い方を教えてあげるね♪

大石ゆかり

はい、お願いします♪

 

W3 Total Cacheとは

W3 Total Cacheは、キャッシュやサーバーの設定を行えるプラグインです。

他のキャッシュ系プラグインに比べると高機能プラグインですが、その分設定が少し複雑です。管理画面も英語なので、ある程度仕組みがわかっている人が導入した方がよいでしょう。

W3-Total-Cache

 

 

W3 Total Cacheのインストール

このプラグインは、管理画面から「プラグインを検索」してインストールもできますし、W3 Total Cache公式サイトからダウンロードすることも可能です。

インストールがわからない場合は、WordPressのプラグインをインストールする方法をご覧ください。

 

インストールができたら有効化してください。有効化すると、ダッシュボードにPerformanceという項目が表示されます。これがプラグインの管理画面へのリンクです。

 

 

[PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中

プラグインの設定

たくさん設定項目がありますが、全てを確認し、設定する必要はありません。

初心者の場合はPage CacheとBrowser Cacheを設定するだけである程度の効果が得られます。

 

まずは、管理メニューの「General Settings」をクリックします。

W3-Total-Cache5

 

Page Cacheの「Enable」にチェックを入れます。

W3-Total-Cache3

 

同じく、Browser Cacheの項目にもチェックを入れましょう。

W3-Total-Cache4

この他、管理画面での表示速度を早めたい場合は、Database Cacheにもチェックすることをおすすめします。各項目の詳細も設定できますが、まずこの大まかな設定で運用してみましょう。

サイトについての知識がある人は、自分のサイトに合わせて適宜カスタマイズしてみてください。

 

 

キャッシュのクリア

上記の設定で、ブラウザにキャッシュを残すことでサイトの表示速度を改善できるようになります。

その反面、古いキャッシュファイルがたまってしまいがちですので、定期的に、キャッシュをクリアしてください。

 

キャッシュをクリアするには、プラグインの管理画面「Dashboard」をクリックし、ページの上の方に表示される「empty all caches」をクリックするだけです。

定期的に削除する他、デザインなど大きい変更を加えた時にはキャッシュをクリアするようにしましょう。

 

大石ゆかり

ちょっと大変でしたけど、動作が軽くなりました♪

田島悠介

よかったね♪他にもキャッシュ化プラグインって色々種類があるんだけど、すべてを一括してできるところが「W3 Total Cache」のいいところだね。

大石ゆかり

そうですね♪

 

今回の記事は以上です。ページの表示速度を高速化するプラグインのEWWW Image Optimizerの使い方も合わせてご覧ください。

[お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。