ChromeでJavaScriptを無効/停止する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにChromeでJavaScriptを無効/停止する方法について現役エンジニアが解説しています。ChromeでJavaScriptを無効/停止にするには、ブラウザ右上のハンバーガーメニューからプライバシーとセキュリティ、サイト設定を選択します。JavaScriptを選択し許可チェック欄をはずします。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

ChromeでJavaScriptを無効/停止する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使って初心者向けに解説します。

 

JavaScriptについてそもそもよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、JavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

ChromeでJavaScriptを無効/停止する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

  1. Chromeを無効/停止にする理由
  2. ChromeでJavaScriptを無効にする方法
  3. ChromeでJavaScriptを有効に戻す方法

 

Chromeを無効/停止にする理由

普段、無効/停止を行う理由としては、JavaScriptの動きを止めてページをスムーズに見たり、セキュリティの観点で無効/停止を行うかと思います。

しかし、開発者が開発中にあえて無効/停止にするケースは少ないです。もちろんJavaScriptを利用しないサイトであれば、無効/停止にして動作確認するケースもありますが、あまり意味はありません。あるとしても、不具合の切り分けなどに利用する場合などです。
 

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

ChromeでJavaScriptを無効にする方法

設定はブラウザで作業します。残念ながらAPIなどでJavaScriptから制御することはできません。手順は下記のとおりです。※ブラウザーのバージョンによって手順に若干の違いがある場合があります。

  1. ブラウザーの右上のハンバーガーメニューを開きます
  2. 「設定」を選択
  3. 「プライバシーとセキュリティ」→「サイトの設定」を選択します※「設定」の上の部分で【JavaScript】と入力して検索してもいいと思います
  4. 「JavaScript」を選択し、「許可」を外します。

以上で簡単に無効/停止を行うことができます。
 

ChromeでJavaScriptを有効に戻す方法

当然ながら、先ほどの手順で「許可」を設定すれば元に戻ります。
 

筆者プロフィール

小宮山晃史(こみやまこうじ)

現在はOracle系システムの導入コンサルに勤め、仕事でコーディングをする機会は少なくなくなっているが、ライフワークで数多くの言語を勉強中。

iphoneのアプリ開発やWEBサーバの構築など幅広く挑戦しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。