Javaのexistsメソッドを使ってファイルの存在を確認する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaのexistsメソッドを使ってファイルの存在を確認する方法について解説しています。Fileクラスとexistsメソッドの基本、existsメソッドの書き方と見方をサンプルコードを使用し、実際に確認処理を行ってみましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Javaのexistsメソッドを使ってファイルの存在を確認する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

existsメソッドを使ってファイルの存在を確認する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

Fileクラスとは

Fileクラスとは、Javaを使ってローカルディスク(コンピュータの内部のこと)に対して下記の変更を加えるクラスです。

  • ファイルの作成や削除
  • コピー

Fileクラスは、Javaでファイルを扱うときに、1ファイルにつき1クラスずつ対応させて、ファイル操作を行ないます。

具体的には、あるファイルを扱いたいときには、下記のように記述しましょう。

File オブジェクト名 = new File("ファイルパス");

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

existsメソッドとは

existsメソッドとは、Fileクラスで定義されたファイルの存在を確認するのに使うことのできるメソッドです。

ファイルの作成や移動などのファイル操作の際に、existsメソッドを使ってファイルの存在を確認しておくことによって、プログラムにおける例外やエラーの数を削減することもできます。

 

existsメソッドの使い方

existsメソッドをの使い方をみていきましょう。

Fileオブジェクトを生成するときに渡したパスの示すファイル、ディレクトリが存在するかどうかを知ることが可能です。

existsメソッドの記方法は、下記のように記述しましょう。

Fileオブジェクト.exist();

返り値としては、パス名の示すファイルまたはディレクトリとなります。

  • 存在する場合: true
  • 存在しない場合: false

 

 

ファイルの存在を確認する方法

上で紹介したexistsメソッドを使ってファイルやディレクトリの存在を確認するには、下記の手順を踏みましょう。

  1. 確認したいファイルのパスを渡したFileオブジェクトを生成する
  2. 作成したFileオブジェクトのexistsメソッドを使う

 

 

実際に書いてみよう

それでは、実際にコードを書いて実行してみましょう。

サンプルのコード

import java.io.File;

class ExistsSample{
        public static void main(String args[]){

                //確認したいファイルのパスを渡してFileオブジェクトを作成

                 File newfile = new File("sample");

                //existsメソッドを実行
                 if (newfile.exists()){
                         //ファイル、もしくはディレクトリがある場合。
                         System.out.println("指定したファイルもしくはディレクトリは存在します。");
                 }else{
                         //ファイル、もしくはディレクトリがない場合。
                         System.out.println("指定したファイルもしくはディレクトリは存在しません。");
                 }
        }
}

このコードを実行すると、実行環境にsampleというディレクトリがあるため、指定したファイルもしくはディレクトリは存在します。

もし、存在しない場合は「指定したファイルもしくはディレクトリは存在しません」と表示されます。

使用する環境で、sampleというディレクトリ、ファイルを作ってみて、プログラムの挙動の違いを確認してみましょう。

 

執筆してくれたメンター

小倉翔悟 (おぐらしょうご)

AIプログラミングを使って開発を行う大学3年生。

プログラミング歴は約3年。

Pythonは割と好きな方。

JavaもAndroid開発で触れていたりする。

大学では物理学を勉強中。

好きな物理理論は一般相対性理論らしい。

意外と動物が好きだったり、、、。

 

大石ゆかり

Javaのexistsメソッドを使ってファイルの存在を確認する方法がよく分かったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、参加してみてください。