HTMLのinput要素でパスワードの入力欄を作成する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにHTMLのinput要素でパスワードの入力欄を作成する方法について解説しています。パスワードの入力欄を作る場合はinputタグのtype属性にpasswordを指定します。サンプルで表示と動作を確認しましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

HTMLのinput要素でパスワードの入力欄を作成する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそも、HTMLの記述方法がわからない場合は、 HTMLの書き方について解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Webデザイン講座のHTMLカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は、HTMLに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

input要素でパスワードの入力欄を作成する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

input要素で使えるパスワード属性について

inputタグのtype属性の値として、passwordを指定することにて、パスワード専用の入力装置になります。

まずは、「パスワードを入力した時の動作をみてみよう」の項目より、パスワードの入力欄を作成するための基礎となるサンプルコードをもとに動作を確認してみましょう。そして、「input要素でパスワードの入力欄を作成してみよう」でも、記述すべきコードの内容は前述と同様ですが、機能開発にも繋げられるサンプルコードを作成できるようになりましょう。

 

[PR] HTML/CSSで挫折しない学習方法を動画で公開中

パスワードを入力した時の動作をみてみよう

HTML

<form>
  <input type="password">
</form>

動作確認

See the Pen
2020-04-22-sample09
by YOHEI INAI (@yohei_inai)
on CodePen.

パスワードの入力欄は、ユーザーが入力してくれた値が他人から覗かれることを防ぐためにも、視覚的に「*」(アスタリスク)などの記号にて隠されていますが、値としては、入力値が代入されることになります。

 

input要素でパスワードの入力欄を作成してみよう

HTML

<form>
  <input type="password" value="" name="sample" maxlength="10">
</form>

inputタグの属性として、nameは、入力装置の識別子(ラベル)として、名前を定義することになります。また、maxlength属性に定める数値は、入力文字数の上限数を定めることになります。

 

表示結果

See the Pen
2020-04-22-sample10
by YOHEI INAI (@yohei_inai)
on CodePen.

入力必須の設定

<form>
  <input type="password" value="" name="sample" maxlength="10" required>
</form>

 

設定結果

See the Pen
2020-04-23-sample01
by YOHEI INAI (@yohei_inai)
on CodePen.

required属性を定めることで、入力が必須のパスワード入力欄になります。他にも、入力欄に初期表示の内容を設定するためのplaceholder属性などがあります。

 

監修してくれたメンター

井内洋平

TechAcademyの現役メンター。

元Web Developerで、趣味は貯金、節税対策、投資信託、株式投資、FXなど多岐にわたる。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも、最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。