HTMLで左メニューと右メニューのレイアウトを自由に作成する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにHTMLで左メニューと右メニューのレイアウトを自由に作成する方法について解説しています。左右にメニューを入れる際の基本の構造の書き方、幅の割合を変更する方法を紹介します。メニュー作成時の参考にしてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

HTMLで左メニューと右メニューのレイアウトを自由に作成する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそも、HTMLの記述方法がわからない場合は、 HTMLの書き方について解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Webデザイン講座のHTMLカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は、HTMLに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

左メニューと右メニューのレイアウトを自由に作成する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

サイドメニューの在り方

一つの枠の中に、左カラムと右カラムを構成してから、どちらか一方をサイドメニュー(サイドバー)としてレイアウトを設計します。どちらか一方がサイドメニュー(サイドバー)になっていればユーザビリティとして優れており、左側をサイドメニューとすべきか、右側をサイドメニューにすべきかについては、どちらでも構いません。

 

[PR] HTML/CSSで挫折しない学習方法を動画で公開中

ウェブサイトをレイアウトする

まず、画面の中央に枠を用意します。

 

HTML

<div id="wrapper">
  画面の中央に寄せます。
</div>

 

CSS

#wrapper {
  width: 1000px;
  margin: 0 auto;
}

 

表示結果

See the Pen
2020-04-23-sample08
by YOHEI INAI (@yohei_inai)
on CodePen.

 

2カラムサイトを作成するには

画面の中央に用意できた枠の内側に、さらに、二つの枠を用意するために要素を定義します。

 

HTML

<div id="wrapper">
  <div class="left-column">
  左カラム
  </div>
  <div class="right-column">
  右カラム
  </div>
</div>

 

左メニューと右メニューを作成してみよう

CSS

#wrapper {
  width: 1000px;
  margin: 0 auto;
  display: flex;
  flex-wrap: wrap;
}

.left-column {
  width: 50%;
}

.right-column {
  width: 50%;
}

表示結果

See the Pen
2020-04-23-sample9
by YOHEI INAI (@yohei_inai)
on CodePen.

コンテンツとサイドメニュー(サイドバー)として幅の割合を変更

#wrapper {
  width: 1000px;
  margin: 0 auto;
  display: flex;
  flex-wrap: wrap;
}

.left-column {
  width: 70%;
}

.right-column {
  width: 30%;
}

幅の割合を変更してから、コンテンツ(左カラム)とサイドメニュー(右カラム)の表示結果

See the Pen
2020-04-23-sample10
by YOHEI INAI (@yohei_inai)
on CodePen.

 

監修してくれたメンター

井内洋平

TechAcademyの現役メンター。

元Web Developerで、趣味は貯金、節税対策、投資信託、株式投資、FXなど多岐にわたる。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも、最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。