Count per Dayの使い方ーWordPressプラグイン【初心者向け】

アクセスカウンターのWordPressプラグイン【Count per Day】の使い方を初心者向けに解説した記事です。インストールしてから、「ウィジェット」の機能を使うことで、表示場所や表示項目を設定することができます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

WordPressのプラグインの使い方を紹介する記事です。

今回は、WordPressのアクセス解析に便利なプラグインの1つである、Count per Dayの使い方を紹介します。

 

なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

大石ゆかり

田島メンター!!WordPressのサイトをアクセス状況を見たいんですけど、何かいい方法ないですか〜?

田島悠介

それなら「Count per Day」はどうかな!シンプルだけど一通りの情報を見ることができるよ!

大石ゆかり

使ってみたいです〜!教えてください!

 

Count per Dayとは

シンプルながら訪問者数をカウントしてくれるプラグインが、Count per Dayです。アクセスカウンターのような機能を持っています。

アクセスカウンターは、色々なサービスで提供されていることもありますが、広告などが表示されてしまうことが多いです。Count per Dayでは、広告も表示されずプラグインを導入すれば設定も簡単ですし、サイトに合わせたカスタマイズも可能です。

ダッシュボードで詳細を見ることもできます。

Count-per-Day

 

 

プラグインをインストールする

このプラグインは、管理画面から「プラグインを検索」してインストールもできますし、Count per Day公式サイトからダウンロードすることも可能です。

インストールがわからない場合は、WordPressのプラグインをインストールする方法をご覧ください。

 

インストールができたらプラグインを有効化してください。

有効化するだけで、ダッシュボードにアクセス回数が表示されます。

Count-per-Day2

 

 

[PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中

サイト上に表示させる

アクセスカウンターを表示させるには、WordPressのウィジェット機能を使って、サイト上の好きな位置に設定していきます。

いちいちダッシュボードにログインしなくても確認できるので便利ですね。

 

ダッシュボード>外観>ウィジェットを開きます。

Count-per-Day3

 

左のウィジェットエリアに、Count per Dayが追加されていますので、表示したいエリアにドラッグしてください。

Count-per-Day4

 

すると、アクセスカウンターとして表示させたい項目を選ぶことができます。

表示させたい項目に、チェックを付けましょう。また、表示させるカウンターの名称も、ここで設定することができます。

全て入力/選択したら、保存を押してください。

Count-per-Day5

 

サイト上で確認してみると、設定したとおりに表示されていることがわかります。

Count-per-Day6

このように、簡単にアクセスカウンターを設置することができるので、ぜひ試してみてください。

他のアクセス解析のプラグインも使ってみたい場合は、StatPress Reloadedの使い方も合わせてご覧ください。
 

大石ゆかり

アクセス状況を見られるだけじゃなくてアクセスカウンターも設置できるんですね♪

田島悠介

そうだね。

大石ゆかり

これでサイトのアクセス数を楽に管理できます♪

 

[お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。